London:Battersea-Victoria

Posted カテゴリー: 2012 ロンドン

2012年10月23日。
ロンドン4日め。

今日は、珍しく渡航前から行こうと決めていたバタシー発電所を見に行くことに。
ガイドブックによると、Battersea Parkから歩くよりも、地下鉄の
Sloane sq.から歩いたほうがいいらしい。
そんなわけで、今日はいつものSt. Pancrasからではなく、EustonからVictoria線で
Victoriaまで行き、そこからCircle線に乗り換えた。

Sloane sq.駅はこれといって何もないのでまっすぐに川のほうを目指す。
政府の敷地なのだろうか。長い高い塀が続いているのが途切れると
橋の方向に4本の大きな煙突が見えてくる。
ここまでがテムズ川の北側で、ロンドンの中心部。南に下ると急に下町というかちょっと殺伐としたかんじのエリアになる。
橋の上から見るバタシー発電所跡は曇り空とよく似合う不穏な雰囲気だ。

Battersea Power Station

近づいても近づいても手が届かない巨大な建造物。
最近、再開発が決まったらしいが、工場の足元には近づけない。

周りをうろうろして、もうこれ以上は近づけないと思って
Victoriaまで一駅ぶん、川沿いに歩こうと方向を変えたら
川沿いでよく見える場所を見つけた。

Battersea Power Station

そしてもうすぐVictoria駅というところで、住宅街をくねくねと歩いていると
おじいさんと孫の視線を感じたので振り返ってみる。
孫が見下ろしているのは線路。しかもVictoriaから発着する電車を一望に臨む撮り鉄ポイントであった。

10本以上ありそうな曲がりくねった線路と行き来する電車、
そのむこうにバタシー発電所!素敵すぎる…。(別にそんなに鉄じゃないんだけど)
こういうガイドブックに載ってない、ニッチな風景に出会えるから旅はやめられないのだ。

railways and battersea power complex

もう色々な角度から発電所を愛でて満足し、Victoria駅のサンドイッチ屋さんで
ファラフェルのラップを食べて午後の過ごし方などを考える。
地図によるとバッキンガムとかウェストミンスターが近いようなので
そちら方面に行くことにした。(つづく

London:South Kensington

Posted カテゴリー: 2012 ロンドン

ホームズ博物館でお土産を買いすぎたので一度家に帰って昼食をとる。
昨日、駅で買ったチキンパイのボリュームがありすぎて一度に食べ切れなかったのだ。

ひとやすみしてからPicadilly線でSouth Kensingtonへ。
ここはロイヤルアルバートホールや、自然史博物館、ヴィクトリア&アルバート美術館など
錚々たる文化施設が並ぶ。駅を出るといきなり建築物の雰囲気が厳粛なかんじ。

自然史博物館も「宮殿??大聖堂??」という立派さで、
19世紀後半にできたものらしいがラインラント・ロマネスク様式。
中世好きにはうれしい建築物だ。
おかげでこっちが大英博物館だと思ってしまう人もいるらしい。

IMG_5140

内装もすばらしく、ステンドグラスのはめられた吹き抜けのホール中央に
恐竜の骨が鎮座しているのは上野の科学博物館を彷彿とさせる。
よく見ると天井のアーチにおさるがいっぱいつかまっていて可愛い。

IMG_5143

恐竜のコレクションはあまりに人が多くてげんなりしたが
個人的には鉱石のコレクションの間が本当に素晴らしくて
毎日通いたいくらいであった。

Mineral Collection

博物館を出ると、となりにはヴィクトリア&アルバート美術館。
こちらは工芸品・装飾・服飾関連のミュージアムである。

日本のコレクションでは東芝の伊万里や刀、鎧にまじって
うわさのロリータコレクションが。
これ、Fashionのところに移動すればいいのになあ。
その代わりに中世~近世は紅型や刺し子しかなくて偏っている。
小袖とか婚礼衣装を飾ればいいのに。
根付けのコレクションはあいかわらず海外のほうが充実していて悲しくなる。
これを見ると日本人てフィギュアを作る素質が昔からあったんだなと。
小ささとかバランス、デフォルメの仕方など。

てっきり服飾&工芸品のみの美術館だと勘違いしていて、さらっと見るつもりが
実は中世からルネッサンスのイコンや聖堂の回廊、
神殿の柱(どうやって持ってきたんだろう…)など
工芸というよりはもはや建築やら宗教美術の域のコレクションがものすごくて
閉館時間まで居座ってしまった。

IMG_5217
人の大きさで柱の巨大さがわかるだろうか。もちろんこの柱は天井までそびえている。

滞在中にもう一度行ってしまうかもしれない。
ヴィクトリア様式の建築も素晴らしい。

IMG_5197

アーツ&クラフトのウィリアム・モリスがデザインした部屋が
ティールームになっていて素晴らしかった。
カジュアルなカフェオレ一杯で居座るのは申し訳ないような気もしたが
こういうところを市民に広く開放しているのがいいなあ。
同じくおひとり様のおばちゃん(英語圏の人ぽい)と相席になって
「いやーすごいですねえ」「すごいわねえ」と言い合ってお茶を飲んだ。
ハープの演奏はもう誰でも知っているブリティッシュメドレーだったが
なぜか「タイタニックのテーマ」が一番ぐっときた。編曲がとてもよかった。

IMG_5201

そういえば、嗅覚はいちばん記憶とリンクしているというけれど
タピスリーの間に入ったときに、あのちょっと酸味のあるすえたにおいを嗅いで
一瞬でパリのクリュニー美術館を思い出した。脳ってすごい。

帰りはKnightsbridgeまで一駅ぶん歩いて、天下のハロッズで
お惣菜を買って帰ってきた。
駅で買ったサイダーのアルコールが7%もあって、一気飲みして撃沈した。
本日の活動は終了。

London:Baker st.

Posted カテゴリー: 2012 ロンドンJournalSherlock Holmes

2012年10月22日

ロンドン3日め。
今回の目的のひとつはシャーロックホームズ博物館に行くことだったので
早速午前中に行ってみることに。
空港から宿に向かうときにすでにBaker Street駅を通ってしまったので
新鮮味がなかったのが残念だが、壁にはホームズのシルエットが
プリントされていてかわいい。

IMG_5113

駅前にはホームズの銅像も。観光客が順番に写真を撮っていた。
柴又の寅さん並に愛されてます。

IMG_5110

Baker st.を少し南下するとシャーロックホームズホテルというのがある。
特にこれといって何があるわけではないらしいが、看板はかわいい。

ひきかえして北上すると右手に博物館がある。
1階がいきなりお土産屋さんになっていて、その奥でチケットを買うシステムで
さすが私営の博物館はしっかりしているなあという印象。

で、チケットを買って一度外に出て、ヴィクトリア時代の警官のコスプレをした人に
促されて2階にあがるといきなりベッドルームと居間が。
ベッドルームは8畳くらいかな。
ヨーロッパの昔の部屋を見ていつも驚くのは、意外とベッドも小さいこと。
貴族の部屋でもそうだ。みんな脚をまげて寝ていたのかね。
居間は暖炉にちゃんと火が入っていて、ホームズとワトスンが座っていた
向かい合わせのチェアが置いてある。

IMG_5119

ピンクの壁紙と、ホームズ愛用(ということになっている)
アンティークの実験器具やら革張りの本たちがやたらかわいい。
このイメージがあったから、最初、BBC SHERLOCKのパイロット版では
壁紙がピンクだったのかもなーと思った。

このころは小鳥の剥製というのが流行ったのかな。厚みのあるガラスの中に
カナリアの剥製がはいっている額がとても可愛かった。

3階には作品にちなんだ小物、4階には結構なげやりに作られた蝋人形が
ぎゅうぎゅう置いてあっておかしい。最上階はトイレでした。

IMG_5123
「ボヘミアの醜聞」ですな。

お土産屋さんではシャーロキアンの伯父とBBC SHERLOCKで
ともに原作読んでもりあがっている友人にお土産を購入。
なんかこう、いかにもなかんじの、浅草とかで売ってそうなやつばっかりなのに
ホームズ印が付いているだけでかわいく見えてくるから不思議ー。

London:St. Pancras-Russel sq.-Covent Garden

Posted カテゴリー: 2012 ロンドン

午後。

一度宿に荷物を置いて、宿からすぐの大英図書館へ。
ここはつい最近、大英博物館から独立して建てられたものらしい。
近代的なキューブをくみあわせたような外観なのだが、
むこうのSt. Pancras駅の煉瓦と見事に色が合っていて
角度によっては、モダンとクラシックが融合した
ひとつづきの建造物のようにも見える。

British Museum and St. Pancras sta.in

中は日曜ということもあってギャラリーのみ開いているのだが
正面玄関から入ると吹き抜けのホールにギャラリー状に革の背表紙が
ガラス越しに整然と並んでいるのが見え圧巻。

British Library

そのまわりを囲むようにベンチやカフェがあって、
みんなが思い思いに色々なところに座って読書や勉強ができるようになっている。
こういう公共サービスはいいなあ。

常設展は古今東西の装飾写本、植物画、地図、著名な作曲家の楽譜などが並ぶ。
ベートーベンの直筆にもびっくりしたが、となりのケースには
ビートルズの直筆の歌詞も。同列の扱いなのね…。
日本のものは絵巻物のほか、聖徳太子の百万塔陀羅尼の写本など
東京国立博物館の法隆寺館にありそうなブツがふつうに展示されていた。
(the One Million Pagoda Charmsが百万塔陀羅尼であることは今調べた。)

装飾写本を見ていると、あまりに手が込んでいるので工数が気になって
「現代だったら3時間ドラマをフル3DCGで描くようなものかなあ」などと
考えてみたが、もっとお金も時間もかかっているのだろうな。

企画展はケルアックの「ON THE ROAD」のScrollの現物展示。
これは結構貴重かもしれない。
最近わたしの周りでもケルアックが好きという人が多いので
これを機に読んでみようかな。

大英図書館から出て、St. Pancras駅を見学。
ここはわりと近年ユーロスターが発着する駅になったそうで
壮麗な外観とはうらはらにプラットフォームは非常に近代的。
車輪止め側の壁には巨大な時計と、巨大な抱きあう恋人の銅像が。巨大すぎておかしい。

もともと列車はWaterloo駅に発着していたらしいのだが、こちらに変更になった時に
フランスの鉄道会社は、ナポレオンが群集に「OUBLIEZ WATERLOO(ワーテルローのことは忘れろ!)」と言っている広告を出したそうだ。
ウォータールー(英)=ワーテルロー(仏)で、ワーテルローの戦い=仏軍が英+連合軍に負けた戦争、という知識がないと永遠に笑えない三段オチだが、欧州のみなさんは基本知識としてあるのでしょうな。

ターミナル駅を堪能したあとは、天気も崩れてきたので歩いていける範囲で移動することに。
駅から南下してRussel Squareへ。

IMG_5061

公園では、あいにくの天気だったが手作り市のようなお祭りをやっていた。
ステージから沖縄民謡が聴こえてくるので、一瞬「ここは日比谷公園か?」という
錯覚に陥ったが、ワールドミュージックのライブをやっているらしい。
沖縄民謡のあとは、バルカンミュージックのライブで、えらいかっこよかった。
思わず足を止めて聴きいってしまった。

その後、ロンドン大学の中を抜けると、こちらもあいにくの天気のなかの
こども向け参加型現代アートフェスみたいなのをやっている。

IMG_5071

ひやかしつつぶつかったTottenham Court Rd.はHabita, HEALSなどの家具屋や雑貨屋が並ぶ。
Paperchaseという伊東屋みたいなおしゃれ文具デパートへ。
オリジナルの雑貨を物色してCafe NEROでひとやすみ。
ちょっと小腹が空いたので軽い気持ちで頼んだチョコレートブラウニーが
ものごっつ甘くて重くて力強い味であった。
お茶請けを頼んだら、羊羹1本出てきた、みたいな。

そのままさらに南下してCovent Gardenへ。
日曜なので閉店が早くて店はあらかた閉まっていたが
屋根つきのショッピングセンターCovent Gardenのなかではバスキングが大盛り上がりで
アイリッシュのバンドが、おひねりが出ると全員でその人を囲んでひざまづいて演奏したり、最前列の人にからみまくって
根負けしたお客さんがお札を掲げて出すとギャラリーから笑いと拍手が巻き起こったりと楽しそう。
お客さんもやりよるな。

バスキングジャパンの戸田さんに「イギリスはバスキングの本場ですから」と
言われたのを思い出す。
最近はライセンス制になって、オーディションを通過した登録アーティストは
本当にハイレベルなんだそうだ。(稼ぎも。。。)

見たかった靴屋さんも閉店していたのでCovent Gardenはまた出直すことにして、
Piccadilly Lineで北上して帰宅。なんとなく、ロンドンの地下鉄にも慣れてきた。
-案内板の方向表示に終点駅名がない。ホームの電光掲示板にしか出てこない。
-通路の方向案内は「南方面」とか「西方面」とか、おおざっぱな方向しか書かれてないので
路線図と東西南北が頭に入っていないとどっちに行っていいのかわからない。
-ホームに次の駅名が書いてないので不便。
-ドアの横についている「Open」ボタンは押さなくてもいいっぽい。(冬場限定?)
-オイスターカードは、かなりしっかりタッチしないとエラーになる。
-ふつうに運休する。(キー!)
などなど。

St. Pancras駅のSOURCEDというお店でパイを買って、本日の活動は終了。

London:Euston-Camden Town

Posted カテゴリー: 2012 ロンドン

2012年10月21日(日曜)

London

朝。予想通りロンドンの天気はどんより。
窓の外はイギリスらしい集合住宅の煉瓦と、少し遠くに教会の鐘楼が見える。
30分ごとに鳴る鐘はあそこから聞こえてくるのだろうか。

日曜なので閉まっているところも多く、今日はマーケットと近所をぶらぶらする日にした。
とりあえず、BBC Sherlockのロケ地が宿から近いというので
歩いてNorth Gower st.へ行ってみることに。
Euston st.を西へ歩き、Euston駅をすぎたあたりを左手に曲がると
すぐにあの「SPEEDY’S」の看板が見えてきた。

North Gower st. (aka Baker st. 221B)

ここであんなことやこんなことが(爆発も…)あったのね~。しみじみ。

そのままEuston駅に戻って、今度はNorthern Lineで北上しComden Townへ。
まだ10時くらいだというのにどっと人が降りる。
地上に出るといきなり露天が軒を連ね、空き地に露店がびっしり並んでいる。
延々と続く竹下通りというかんじだ。
売っているものはどれもくだらない雑貨やTシャツなのだが、店構えが面白い。
若者向けはスカルモチーフ一色だなあ。

London

木製のiPhoneケース、お土産にタンクトップ、玩具などを買い
結構な荷物になってしまった。

Camden Lock, Stables Marketなどをひやかし、露店のエスニック料理屋が軒を連ねて
いいにおいを発しているので右往左往して迷いながら
結局、ファラフェル(中近東~ユダヤ料理)を食べた。
ひよこまめのコロッケですな。ピタパンにはさんでサラダと一緒に食べる。
ものすごく美味しいものではないのだが、日本ではほぼ食べられないので。

Stables Marketは古くからある市場のようだが、中はずいぶん改築されて
ところどころに巨大なブロンズ像が置いてあってちょっとしたテーマパークみたいだ。

Stabbles Market in Camden Town

このあたりは運河が入り込んでいて、かわいい観光船なんかも浮かんでいた。

London

橋の上から観光客に凝視される船とおじさん。

ぶらぶらとしてメインストリートに戻ると、まっすぐ歩けないほど人が増えていたので
さっさと退散。荷物も増えてしまったので一度宿に戻ることにした。

Tokyo-London

Posted カテゴリー: 2012 ロンドン

ものすごい勢いでBBCのSHERLOCKと本家のシャーロック・ホームズにハマったので
熱いうちに倫敦に行ってみることにした。

東京からはVirgin Atlanticで12時間。
デザインにとても力を入れていて、ポスターや動画、POPがいちいちかわいい。
いつものようにヨーロッパ方面に行く時は前日貫徹で出発する。
着いてもまだ昼なので飛行機の中で眠らないと着いてから時差ぼけで大変なのだ。
12時間のフライトだったが、いつものように爆睡して2時間ほどで着いた気分であった。
ヨーロッパ方面の直行便って久々に乗ったけど本当に楽ちんだな。

イギリスの入国審査はしつこいことで有名らしいが、たしかに他の国に比べて
いろいろ聞かれるような気がする。仕事も会社員だけではなくて職種まで聞かれた。
(係員の個性かもしれない)
そしてわたしのパスポートに貼ってある査証を見て
「イランとかアルメニアも行ってるのにイギリスは初めてなの!?」と
笑われたのであった。すみません…。

ヒースロー空港から市内に行くにはいくつかの方法があるのだが
いちばん速く市内に行けるというHeathrow Expressに乗ってみることにした。
ターミナルのインフォメーションセンターで聞いたらその場で切符も買えたので
そのままターミナルから地下へぐんぐん降りて行って乗車するのだが
案内はとても悪いので、観光立国として改善してもらいたいものである。
(京成に近い。どうやってもそうなってしまうのだろうか…)

高いだけあって、空港からおよそ15分ほどで市内のPaddington駅に着いてしまう。
大陸~ヨーロッパ独特のターミナル駅のこの感じが本当に好きだ。

Paddington station

ここまでは非常にスムースだったのだが、そこからがかなり大変!

まずOisterカードを購入したのはいいのだが、自動改札が閉まるのがはやすぎて
スーツケースがはさまりまくりw 後ろの人すみません。

ホテルの最寄り駅はふたつの鉄道駅と5本の地下鉄駅が交差するターミナル駅なので、
本来なら直通の地下鉄が2本あるはずなのだが
Hammer Smith & City線は区間運休、もうひとつのCircle線は
なんと全面運休ということで(どういうことだよ)
結局、Bakerloo線でBaker Streetまで行き、そこから復活したHS & City線に乗り換えて
目的地まで行かねばならないということがわかった。
(しかもその「運休のお知らせ」のタイポグラフィとレイアウトが、妙に綺麗に
かっこよく作られているのがなんとなくムカつく。)

Baker Street駅は噂通りホームズ祭なのでちょっとアガった。
ホームの壁にはこんな。

Baker Street Station

そのホームズのシルエットをよく見ると、ちっさいホームズがたくさん。
(ちょっと気持ち悪い)

Baker Street sta

こんなパターンのグラフィックもある。かわいい。

Baker Street sta

それにしてもBaker Street駅は古くて、エスカレータもないところを
重たいスーツケースを抱えて右往左往しなければならず、泣きそうになったよ。

で、泣きながらたどり着いたのが目的地King’s Cross St. Pancras駅。
地下鉄ははKing’s Cross St. Pancrasという「牛込柳町」みたいな名前なのだが
本来は別の鉄道のターミナル駅で、とくにSt. Pancrasのほうは
東京駅がちっさくかわいく見えてくるくらいのヴィクトリア調ネオゴシック様式の
荘厳な駅だった。城かと。

St. Panceas sta

駅前にはバーガーキングとかスタバとかピザ屋やバルが並んでいて
どこも満席。活気がある街だ。
St. Pancrasの前のEuston.st.を西に歩くと隣りには近代的な大英図書館があり
そのはすむかいの路地をはいっていったところに今回の宿がある。
クレッシェンドに曲がった道沿いに建つ質実剛健な集合住宅で
なん区画かごとにB&Bやホテルが借り上げているようだ。
わたしが投宿しているのはStudios2let Appartmentsというアパートで
小さいながらキッチンも着いている。

荷解きをして、PCとかWifiとかいろいろ繋げて(旅行は充電との戦いだ)
近所のBranswitchというショッピングセンターの大きなスーパーで
滞在に必要な日用品やら夕食の買い物をして本日の活動は終了。