2013 ロンドン

British Library

2013年12月30日。

ここ2日の晴天が嘘のように、今日は午前中は嵐で、ものすごい雨風であった、
2日連続で遠出したことも合って今日は安息日。昼前まで寝ていた。

夕方にイシイを空港まで迎えにいくので、午後は近所をぶらぶらすることにする。
とりあえず、宿から一番近い英国図書館へ行く。あいかわらず
美しい想定の希少本の壁は圧巻である。見せる収納もここまでくるとすごい。

企画展は「Georgians Revealed」であった。
ちょうど、先日ブライトンでジョージ4世のロイヤルパビリオンをみたばかりだったので
タイムリーである。
18-19世紀のジョージアンスタイルの風俗や調度品は
東方趣味が新鮮だったのだろう、ボーンチャイナや伊万里の影響が強い。
今でも日本でも使えそうなものがたくさんあった。

あと、面白いところでは博物学が流行っていて
私の好きなマグノリア(泰山木)なんかは、このころ英国に輸入されてきたらしい。
大きな植物がの図版があってかっこよかった。

図書館を出るころには雨も上がっていたのでキングスクロス駅まで足を伸ばす。
大聖堂のようなセント・パンクラスの隣でやや地味に感じるが
こちらも威風堂々といった趣で好きだ。

ハリーポッターの9 3/4番線を見に行く。人気の撮影スポットのようで、たいへんな行列であった。
かわいい女の子が写真を撮っていたので、撮らせていただいた。

マフラーを持っているお兄さんがじわじわくるw
隣にあるハリーポッターショップもすごい人であった。

宿にほど近いPRET A MANGERでスウェディッシュミートボールのラップを買って
部屋で食べる。窓を開けるとひんやりした風が入ってきて気持ち良い。
とても静かな時間でよかった。

その後、ヒースローまでイシイを迎えに行き、もどってから
パブで初ビール!(さすがにひとりでパブには行かないので)
フィッシュ&チップスも、ビートルート(ビートの根)のソテーも美味しかった。
Waitroseで食材やら日配品を買って帰宅した。

のんびりとした1日である。明日は大晦日だが年末感がないのが良いのかもしれない。