2012 ロンドンJournalSherlock Holmes

London:Baker st.

2012年10月22日

ロンドン3日め。
今回の目的のひとつはシャーロックホームズ博物館に行くことだったので
早速午前中に行ってみることに。
空港から宿に向かうときにすでにBaker Street駅を通ってしまったので
新鮮味がなかったのが残念だが、壁にはホームズのシルエットが
プリントされていてかわいい。

IMG_5113

駅前にはホームズの銅像も。観光客が順番に写真を撮っていた。
柴又の寅さん並に愛されてます。

IMG_5110

Baker st.を少し南下するとシャーロックホームズホテルというのがある。
特にこれといって何があるわけではないらしいが、看板はかわいい。

ひきかえして北上すると右手に博物館がある。
1階がいきなりお土産屋さんになっていて、その奥でチケットを買うシステムで
さすが私営の博物館はしっかりしているなあという印象。

で、チケットを買って一度外に出て、ヴィクトリア時代の警官のコスプレをした人に
促されて2階にあがるといきなりベッドルームと居間が。
ベッドルームは8畳くらいかな。
ヨーロッパの昔の部屋を見ていつも驚くのは、意外とベッドも小さいこと。
貴族の部屋でもそうだ。みんな脚をまげて寝ていたのかね。
居間は暖炉にちゃんと火が入っていて、ホームズとワトスンが座っていた
向かい合わせのチェアが置いてある。

IMG_5119

ピンクの壁紙と、ホームズ愛用(ということになっている)
アンティークの実験器具やら革張りの本たちがやたらかわいい。
このイメージがあったから、最初、BBC SHERLOCKのパイロット版では
壁紙がピンクだったのかもなーと思った。

このころは小鳥の剥製というのが流行ったのかな。厚みのあるガラスの中に
カナリアの剥製がはいっている額がとても可愛かった。

3階には作品にちなんだ小物、4階には結構なげやりに作られた蝋人形が
ぎゅうぎゅう置いてあっておかしい。最上階はトイレでした。

IMG_5123
「ボヘミアの醜聞」ですな。

お土産屋さんではシャーロキアンの伯父とBBC SHERLOCKで
ともに原作読んでもりあがっている友人にお土産を購入。
なんかこう、いかにもなかんじの、浅草とかで売ってそうなやつばっかりなのに
ホームズ印が付いているだけでかわいく見えてくるから不思議ー。