2012 東北

Hiraizumi

6月17日

二日酔いでぐだぐだしつつ11時頃にホテルを出る。
一ノ関から東北本線で2駅目が平泉駅だ。
この時間の一ノ関-平泉間は昼間の山手線くらいには混雑する。(平均年齢60歳以上だけど)

駅を降りるとホームに唐突に御所車が置いてあったりして楽しい。
混雑する改札が落ち着くまで待とう、と思っていると
ちょうどオオフジツボの面々と一緒になった。

図々しくタクシーに便乗し、福興祭の会場である観自在王院跡へ。
その後、みんなで楽屋裏でコロッケ食べたり芝生でまったりとしたり
たまに郷土芸能の神楽を見に行ったりして、大学の部活みたいな
いい雰囲気であった。

IMG_7745

およそ1時間のライブも素晴らしく(風が強くてステージ上は大変だったようだが)
「平泉セット」は本当に素晴らしくて、この曲が入っているパッケージデザインができて
本当によかったなあとしみじみしながら聴いた。
日常の小さな幸せを感じる「Hope」もとてもよい曲。

IMG_7630

本番前にざっと通り雨が降ったものの、オオフジツボの番には快晴になり
ライブが終わった直後は虹まで出るという完璧さ。すごい!
片付け終了とともにまた通り雨がやってきて、移動の段になったらまた晴れた。
山の神に愛されてるオオフジツボ。

IMG_7761

夕方からはお蕎麦屋さんでライブもあり、こちらは座ってゆっくり堪能できた。
山の神の詩を朗読している相沢史郎さんの「地蔵盆」の朗読音源も流されたりして
平泉ならではの演出だった。
アルバム未収録の「なのはな(タクシー)」が聴けたのもよかった。

ライブを堪能して、同じく東京から遊びにきていた友人に便乗して
一ノ関まで戻り、夜は打ち上げへ。イナゴとかカエルとかざざむしとか
挑戦的なメニューがある大衆酒場だったが(わたしは食べなかったけど)
地元の方も参加して楽しいお話をたくさんできていい夜であった。

バスキングジャパンの戸田さんと、オオフジツボの面々に感謝。