内藤礼「明るい地上には あなたの姿が見える」展を観に水戸芸術館まで。

静か。密やか。でも希望がある。写真家が捉えようとする構図と光りと影を恒久的な作品に落とし込もうとしているように見える。自然光の展示は初とのこと。瀬戸内のあの空間はちがうんだっけ。

見る人との距離感、見る人の動きをコントロールするのはさすが。とくに明るい真っ白な部屋の天井から糸が2本だけ下がっている作品は素晴らしかった。

「あえかなる部屋」の影響もあるけど、本当にあえかなるという形容詞がぴったりだと思う。作品の一部、餃子の皮くらいの大きさにまあるくカットされた半紙をいただいてきた。目を凝らすと「おいで」って書いてある。囁くような作品群だった。