Journal

Oga – Morioka

午前中はカーシェアで車を借りて男鹿方面へ。秋田から1時間ほどのドライブだがあいにくの天気。港のほうまで来てみたが、わたしなんでこんなところにいるんだろう…という地の果て感を味わってしまった。天気がよければゴジラ岩のある渚のあたりもよさそうだ。
ゆっくりランチをしているふうでもなかったので道の駅でおにぎりを買って車中で食べる。これはこれでよい。

秋田駅に戻ってきて田沢湖ビールさんでビールを飲み、新幹線で盛岡へ。

盛岡に着いたら早速ビア&ヴルスト・ベアレンで軽くビールをいただく。

その後、タクシーで内丸に向かいMASSから独立した「ななしの庵」さんへ。
盛岡は今年は雪が多かったようで、秋田よりずいぶん寒い。石川さんのお食事はあいかわらず美味しかった。日本酒も素晴らしい。南部美人の限定、いづみ橋の微発泡、鯉川の「好日」、そして今回はじめて飲んだ久留米の杜の蔵。どれも素晴らしかった。イシイの杯が香炉のような台に乗っていたので珍しいなと思って聞いてみると「杯台」というものらしい。杯にはぐるりと干支が書かれているのだが、裏返すと「猫」の一文字。とても洒落た救済措置。

石川さんとお話しつつ美しくも楽しい食事はあっという間に終わってしまってタクシーに飛び乗り最終の新幹線で東京へ。

毎年、東北に訪れているが本当に現地の素敵な方のおかげで年々好きになる。