Journal

Japan Cup Cycle Road Race 2017

21日、22日とmさんと宇都宮のジャパンカップ。私はこれで3回目だが、初めての雨。観戦中傘はさせないので、ゴアテックスのウィンドブレーカー+レインコート+完全防水のメレルの靴という雨仕様で出かける。
初日は正午に宇都宮で待ち合わせてそのまま二荒山神社へ。お参りを済ませたあと、オリオン通りのお寿司屋さんでランチ。今夜、どうも自転車関係者9名の予約が入ったらしい。選手がくるかも、とのこと。

午後は市内でクリテリウム。雨なので例年よりも随分空いていて、いつものコーナー手前ではなくコーナーを抜けたところに陣取ったらギアを変える音も聴こえて迫力があった。しかし雨が降ったり止んだりで冷える。タリーズで一服したあとホテルにチェックインして夜の宇都宮へ。例年通りブルーマジックさんに行ったら一昨日カンピオンエールで会ったブルワーのKさんとばったり出会ってびっくりする。今年の涼風も美味しかった!

その後、屋台村のDAさんに行くも満席で入れず、肉の店でソーセージとステーキを日本酒でいただき、諦めきれずにDAさんでワインを二杯。今年も飲みすぎてしまった。。。

2日目は朝から森林公園。雨。荒天のため14周が10周に短縮になるとのこと。物販エリアで弱虫ペダル作者の渡辺航先生をみかけて一緒に写真を撮っていただいたり。今回もがっしり握手してくださって嬉しかったな。
さて、二日酔いででろでろだが、この旅行のメインでもあるので頑張らねばならぬ。いつもはスタート地点から広場で2周ほど観戦しそのあと山をのぼるのだが、今回はいきなり頂上を目指すことに。二日酔いで登山はつらいが頂上付近で抜けました。
スタート地点すぐのところに舗装されていない道があり、いきなり靴も泥だらけに。ここは長靴を履いてきた人の勝ちだ。mさんとお揃いの日本野鳥の会のブーツを履いている人をよく見かけた。

大人数の応援団、先導車から後続のサポートカーが通る度にチーム名を叫んで応援しているのだが、「アタッキ―ー!」「トレック―!」(チームカーだしわかる)、「オーガナイザー!」「プレスー!」(だんだんなんでもよくなってきてる)、「救急車ー!!!」で爆笑した。救急車だいじですもんね。

頂上に至るまでに3周ほど応援、すぐに下山してちょっとはずれたところにある穴場の休憩所で一服。そしてゴール前のパブリックビューへ。いつもは下山の途中でだいたい優勝が決まっているので、初めてゴール地点でゴールを見届けた。

今年はNIPPOのカノラが無双だったが、3位にブリッツェンの雨澤がくいこんで感動。ゴール前の先頭集団を日本人選手が引くなんて、すごい時代になったものです。
そそくさとシャトルバスに乗り込んでタリーズで温かい珈琲。生き返る。ホテルで着替えさせてもらって駅で遅めの昼ごはんを食べ帰京。

天気には恵まれなかったけど、今年も楽しいジャパンカップ観戦だった。