Rakugo in Ueno

投稿日: カテゴリー: 落語

鈴本八月上席。前座「寿限無」、あんこ「初天神」、白酒「喧嘩長屋」、はん治「生簀の鯛」、文菊「高砂や」、正朝「普段の袴」、歌武蔵「相撲の話」、菊丸「子ほめ」

白酒師、はん治師はやっぱり好きだなあ。正蔵師見られなくて残念だったけど正朝師面白かった。
今回は学のない職人がご隠居や僧侶に教えを請うて本番に挑むって感じの話が多かったな。

「生け簀の鯛」は桂文枝の創作だそうで。はん治師匠がやるとまたいいかんじ。