Journal

Jake Bugg at Akasaka Blitz

Jackたちにご招待いただいて赤坂ブリッツへ。二階の関係者席に入れてもらった。1Fはスタンディングで満員。新旧織り交ぜてMCもまったくなし、アンコールもなしで1時間ちょっとの潔いステージ。でもそれだけ曲の流れ、曲の印象がばしっと心に残った。スタンディングだったらこのくらいが理想なんじゃないだろうか。ほんとうに、ほんとうに素晴らしかった。
ラスト1曲の直前、JackとRobboが顔を見合わせて笑っていたので「どうしたの?」って聞いたら、セトリをいきない変えてきたらしい。よくあることだそうで。過酷だ。きのうもうちで「1曲めはTwo Fingersにしようかなあ」なんて言ってたのに全然ちがった。

After Showにも呼んでもらって、缶ジュースのみつつみんなにご挨拶。KbのMikeさんもとってもいい方だった。サポートミュージシャンというのは、本当に面倒見がよく人あたりが良く、かつ超うまいというのが条件なんだなと実感する。父はRobboさんにタオルまでもらっていた。母も想像していたよりずっと聴きやすい音楽だったようで大喜び。なんだかわたしの代わりに親孝行してもらったみたいだな。ありがたいことです。