Journal読書

Kanda Old Books Market 2015

神田古本まつり2015のこと。

水道橋から神田神保町までぶらぶら。昭和初期の研数学館(昭和4年とのこと)の教会のような建築や、ビルの隙間に唐突に神田教会などが見えてくるから面白い。

IMG_8952

IMG_8959

白山通りと靖国通りの交差点に出たのでそのまますずらん通りへ。前は露店が並んでいた印象だったが、今回は静か。ボヘミアンズ・ギルドさんは賑わっている。そのまますずらん通りを抜け、靖国通りへ。呂古書房さんを久々に訪れる。昭和45年サントリー発行の『洋酒マメ天国』という豆本、フクロウとチェロの版画のエクスリブリスを購入。

IMG_8961

露店のほうのボヘミアンズ・ギルドさんで『フォントのふしぎ』、名前は失念したがデザイン系が強いところで『演劇フライヤー集』も。演劇関係の書籍をもとめることは珍しいのだが、先日の甲府桜座の横尾忠則のポスターとペダステの余韻が残っていたのかもしれない。小宮山書店さんに行ったら本物が20万円くらいで売られていた。ずいぶん値段があがったのだな。

その後、古書センターの鳥海書房さんで植物画を物色するも、これぞというものはなくて諦める。19世紀のこのようなプリントが数千円で買える時代ももうそろそろ終わるのだろうな。(と思っていたら古書の値段は下落傾向にあるらしい)

IMG_8971

三省堂で少し時間をつぶして、駿河台の居酒屋でお疲れ様会。よく歩いた一日だった。