Riga

投稿日: カテゴリー: 2016 バルト三国2016 ラトビア

バルト三国のおもひで、ラトビア編その2。首都リガ。早朝、橋をわたって旧市街へ散歩にでかける。川向うの旧市街は尖塔が立ち並んでいて幻想的。

大聖堂の前でひたすら水たまりを撮っている地元のカメラマンとおぼしきおじさんに「そこをくぐるといい風景が撮れるよ」と教えてもらった。こっちの人はフレンドリーだ。

フレンドリーといえば、薬局博物館なるものがあるというので場所だけ確認しようと思ったのだが、なかなか見つからない。そしたらクラブ帰りで朝まで飲んでたとおぼしき若者ふたりに「どこか探してるの?」と声をかけられた。「ここなんだけど」って地図を見せたら「わかるわかる。つれていってあげよう!」というので一緒に歩きだし、界隈の路地をぐるぐるまわるものの一向に見つからずw 途中、泥酔して大声で歌ってる巨体+ヒゲのドワーフみたいな友人も登場したのだが「おいお前だまってろ!このおねえさんがビビるだろ!」とか窘めてくれたりして、いい子たちであった。友だちが長崎の造船所で働いてるんだって。

そんなわけで、結局目的地は見つからなかったけど、マリスとクリストフ、ありがとね。(写真ブレちゃったけど

Rundale Palace

投稿日: カテゴリー: 2016 バルト三国2016 ラトビア

バルト三国のおもひで、ラトビア編その1。バスでリトアニアからラトビアの国境を越える。昔はパスポート見せたりなんなりしてたようだが、今はシェンゲン協定のおかげで第三京浜で東京から横浜に行くくらいの気軽さで越境してしまった。
この日はロシアのエルミタージュを手掛けた建築家ラストゥレリが手がけたルンダーレ宮殿へ。バルトのヴェルサイユとも言われているらしい。ビビッドな壁紙と絢爛豪華なモールディングと東洋趣味の陶器の組み合わせが面白い。

もともと宮殿の厨房だったところがレストランになっていてなかなか雰囲気がよいのでおすすめ。

Kryžių kalnas

投稿日: カテゴリー: 2016 バルト三国2016 リトアニア

個人的に今回の旅のメインである「十字架の丘」。ヴィリニュスから175kmとかなり辺鄙なところにあるが、いまや欧州屈指の観光名所になっているらしい。駐車場からトンネルをくぐって視界がひらけると200mほど先にこんもりとした丘があって、近づくほどにざわざわとした心持ちになってくる。

十字架の丘は想像していたよりずっと小さかった。ここは墓所ではなく、戦争や強制労働でシベリアで死んだ人を悼んだり、家族の無事や家内安全の祈りのために捧げた十字架たちなのだが、この一種異様な雰囲気。なにかに似てるなと思ったら、そうだ、伏見や豊川のお稲荷さんだ。

ソ連時代、スターリンが何度かブルドーザーで壊したらしいのだが、翌週にはまた十字架が建てられていたとのこと。宗教迫害に対する抵抗のシンボルということで先代のローマ教皇も参拝している。

Kuršių nerija

投稿日: カテゴリー: 2016 バルト三国2016 リトアニア

クルシュー砂州へ。砂州という言葉を初めて知った。バルト海に南北にヒモのようにわたった土地で、北端のリトアニアとは陸続きではなくフェリーで渡ることになる。砂州の南半分はロシアの飛び地カリーニングラード州(南端は陸続きになっているらしい)。飛び地マニアには有名かもしれない。外海のほうでは小さな琥珀の欠片を拾える。私は全然見つけられなくて、現地ガイドのサクラスさんがたくさん拾ってくれた。img_5057

森林伐採で砂漠化が進むのを自然保護でくいとめたとかで世界遺産になっているが、見渡すかぎり荒涼とした風景で、日本からここに来る人はあまりいないそうだ。年に一度、内海と外海の海水が入れ替わる現象が起きるそうで、漁業はさかんとのこと。

img_5104

ニダという漁師町は民家がどれもかわいかった。茶色の壁に屋根の部分を青く塗るのが漁師の家の特徴らしい。トーマス・マンが滞在した別荘なんかもある。

 

img_5119

img_5121

帰りは船着き場があるクライペダへ。クライペダは古い建物はないけれどこぢんまりとしたかわいい町。ドラマ劇場のバルコニーは、ドイツのかの総統閣下が演説したところらしいよ。

img_5156

街角の小さなネズミのブロンズ像にチーズをお供えした人がいたみたい。

img_5161

Trakai-Kaunas

投稿日: カテゴリー: 2016 バルト三国2016 リトアニア

朝は近所の教会を散歩。この日も天気は悪い。紅葉がせっかく美しいのに残念だが、ヴィリニュスには雨も似合っているような気がする。

img_4857

ヴィリニュスから30kmくらい離れたトラカイ。カルヴェ湖のまんなかに14世紀頃に建てられたトラカイ城へ。19世紀にはもう廃墟になっていたのを再建したそうで結構きれい。中は博物館になっていて、庭では戦士のコスプレした人が血闘のデモンストレーションしてました。雨だというのにお疲れ様です。

img_4859 img_4871 img_4904

リトアニア第二の都市カウナス。市庁舎広場と看板建築みたいな商店街もかわいらしい。大聖堂は15世紀創建とのことだが北方戦争で破壊されて17世紀に再建されたもの。オルガンは修復中だった。

img_4933

カウナスにも13世紀頃に建てられた城があるが、こちらも再建されたもの。まあるい要塞に円錐形の屋根は川村美術館みたいだ。

img_4964

日本人なら一度は行かねばならない杉原千畝が住んでいた領事館でちょっとしたビデオを見せてもらい、閉館ギリギリのパジャイスリス修道院へ。ここはイタリア人の建築家が建てたとのことで見事なバロック建築(だけど撮影禁止)。クリプトがあったので降りてみたが、クリプトというかカタコンベみたいで、石窯に横穴みたいな横穴がぼこぼこあいてる殺伐とした雰囲気で不気味であった。
閉館5分前だったので、中に人が残っていないか現地ガイドさんがしきりに心配していたが、そりゃそうだよな。閉じ込められたら亡霊になりそうだったもの。

img_4994

Vilnius 1

投稿日: カテゴリー: 2016 バルト三国2016 リトアニア

リトアニア1~2日目。

モスクワ経由でリトアニアの首都ヴィルニュスへ着いたのは深夜。とりあえずその夜は死んだように眠り、翌朝、ホテルの近くの市場に行ってみる。旧ソ連を彷彿とさせる地味〜な地元向け市場だが肉と乳製品の品揃えはさすが。毛糸屋さんのマネキンもすてき。市場の近所にはこんな壁画のアパートがあった。折り鶴のようなものが描かれている。

img_4597

img_4602

img_4601

img_4604

ホテルはヴィルニュスの旧市街の中心、「夜明けの門」の近く。隣りにはロシア正教会、向かいには三位一体教会など史跡に囲まれている。少し離れたところにある聖ペテロと聖パウロの教会(17世紀)は、白亜の2000体以上の彫刻が圧巻。イタリアの職人がつくったバロック様式で、人の一生を彫刻で描いた回廊も最後に待ち受けているのは「死神」。天井にも髑髏。バロック様式には似合わない無骨で巨大な太鼓がふたつ置いてあったのはオスマン・トルコの軍楽隊のものらしい。

img_4655

img_4645
img_4653

img_4654

ところでバロック様式は「お前、資料見ないで作っただろう?!」というものがたまに登場して笑うんですけど、今回のグッドデザイン賞はこれだな。ぞうさん?ぞうさんなの…?

img_4661

小高い丘の上に建つゲディミナス城はフニクラが故障中で上には登れず。

img_4670

その後、大聖堂へ。クリプト(地下礼拝堂)はツアーじゃないと入れないということで断念、となかなかタイミング合わず。今回はこんなんばっかだったなあ。

img_4701

その後、16世紀に創設されたヴィリニュス大学へ。現役で購買の書店として利用されている本屋と、キリスト教以前のリトアニアを描いた壁画に囲まれた哲学の間が素晴らしかった。お土産に、かなりレアだと思われるヴィリニュス大学Tシャツを購入。

img_4773

img_4782

img_4788

聖アンナ教会と聖ベルナルディン教会はさまざまな種類の煉瓦を使って造られたというフランボワイヤン様式が美しい。内部もウッディ。手前のニットの木は、リトアニアのガイドブックにはたいてい写ってる人気者だ。ここ以外でもたまに街路樹にニットを着せているのを見かけたが、どうせなら街路樹全部に着せればいいのに。パッチワークがたまらなく愛らしい。

img_4723

img_4731

img_4738

img_4797 img_4810

ロシア正教会へ行き、雨宿り。正教会系はだいたい撮影禁止なので写真はなし。イコンのはめこまれた祭壇はどことなく密教の寺っぽくもあり、カトリックの教会よりも親しみが持てる気がする。

その後、ひとりで市庁舎前にある現代美術センターへ。ライブラリも併設されていてとっても素敵だった。今回は映像作品中心で10本近く同時に上映してたのではないかな。平日夜だというのに結構若い人たちが集まっていた。

img_4825

この日のディナーはTripAdviserを信じて「KITCHEN」へ。若者に人気のカジュアルなお店だったけど評判通り料理はどれも美味しかったよ。
https://www.facebook.com/kitchenvilnius