Shihoro-Nakasatsunai

Posted カテゴリー: 2015 北海道2Journal

宿に戻って念のためバスの時間を確認すると12時の次が16時!これだと当然19時の飛行機には間に合わない。しょうがないタクシーか・・・と思っているとご主人が士幌発のバスが13時台にあるから士幌まで送ってあげると言ってくれた。助かる。
ご主人の車で士幌まで行き、バス乗り場でおろしてもらう。時刻を確認し、街道沿いにあった蜂蜜屋で百花蜜などを買い「町がある」という方向へ歩いていくと、ぽろぽろと定食屋や飲み屋がある。なんとなく小奇麗な洋食屋に入り、オムライスにカレーがかかった学食のようなメニューを完食。

無事に士幌から帯広までバスに乗り、帯広からタクシーで中札内まで。母イチオシの六花亭が経営する中札内美術村へ。まずは六花の森で下ろしてもらい30分ほどで敷地を一周する。広い森のなかにクロアチアから移築したという古民家が点在し、それぞれちいさなギャラリーになっている。六花亭の資本が本当にセンスよく投下されていて、観光地にありがちな貧乏くささがまるでないところが良い。

IMG_1522

IMG_1510

IMG_1526

となりにある中札内美術村も素晴らしかった。特に、川越出身の画家・相原求一朗の絵は寒さのきびしい北海道やスコットランドの風景がとても似合う静謐かつ力強い筆致で気に入った。本格ミステリの舞台になりそうな森の小径の奥にある洋館は、もとは銭湯だったのだそうだ。

IMG_1543

IMG_1559

IMG_1562

時間がないのを惜しみつつ、それでも喫茶店でしっかりとお茶と甘いものを食べ(さすが六花亭。ものすごく美味しい。)タクシーで一路空港へ。こぢんまりとした空港でお土産などを買い求め、無事に東京に帰投。

Nukabira-Horoka

Posted カテゴリー: 2015 北海道2Journal

午前中は今回の旅のもうひとつのメイン、タウシュベツ橋梁へ。ここへのアクセスはマイカーでのアクセスは禁止されていて、NPO法人のひがし大雪自然ガイドセンターの方々の車で案内していただく。長靴を履いてGO!

ギリギリまで林道を車で入り、「ヒグマ注意」という看板にちょっとどきどきしつつ5分ほど歩くと糠平湖が見えてくる。視界が開けるが橋は見えない、と思ったら左ななめ下から石橋が伸びている。運良くこの時間でも風が凪いで眼鏡橋になっていた。

遠くから眺めるとローマの水道橋のようだが、近づくとコンクリートの脆い構造だということがわかる。ここは人工湖で水位の調整により冬期は橋は湖に沈み凍結と解凍を繰り返しさらに脆くなっていく。この姿を拝めるのもあと1,2年ではないかと言っていた。

IMG_1334 IMG_1368 IMG_1425 IMG_1439 IMG_1450

車中から見えた第五音更川橋梁

いったん車で旧幌加駅まで移動。廃線になった士幌線のレールに沿って歩くと幌加駅のプラットフォームが。看板はさすがに再建したらしいのだが昔のデザインを踏襲しているとのことでかわいらしい。
IMG_1458 IMG_1473

Obihiro-Nukabira

Posted カテゴリー: 2015 北海道2Journal

朝、母が帯広空港に到着してわたしの泊まっていたホテルで合流。その後、真鍋庭園という、植木屋さんが経営する庭園にむかう。タクシーの運転手さん曰く、銀の松をたくさん栽培していて、これを庭に植えるとばっと雰囲気が変わっていいらしい。

庭園にはバスツアーの人もいて、庭園のスタッフがガイドもしていたが私たちはちょっと離れたところでゆっくりと見学。和風庭園や欧風庭園がシームレスに続いていて、山や瀧もあるのだがこれも全て築山したらしい。ここまでになるのに何年もかかっただろうに、庭園というのは本当に終わりのないディズニーランドを作るような仕事なのだと思う。

IMG_1136 IMG_1141 IMG_1191 IMG_1209

駅で豚丼を食べ、14時のバスでぬかびら源泉郷へ。1時間半以上も揺られていただのでぐったりしてしまった。

森のふくろうというペンションに投宿。半年前に母が泊まっているのでちょっと顔見知りなかんじだ。荷物を置いて、日が暮れる前にひがし大雪自然館や、士幌線の廃線に沿って歩いて湖を見に行ってみた。人がいない。

IMG_1265 IMG_1293

糠平湖の周囲は公園になっているのだが、秋の風景はまるでワイエスの絵のようであった。

IMG_1301

 

Sapporo-Obihiro

Posted カテゴリー: 2015 北海道2Journal植物

午前中は北大の植物園へ。

大通公園ではオータムフェスタで大賑わいだったが、数ブロック先のこの植物園は静か。まだ夏の名残でみどりが美しい。

IMG_0976 IMG_1032

当時のキャンパスにあった植物学や動物学教室の建物も移築されていて、建築を見ているだけでも楽しい。白く塗られた標本ケースが美しい小さな博物館。 IMG_0984

ツリバナがいたるところで実をつけていて、イヌサフランはまるでモンハンのアイテムのように地面で光り輝いていた。もっとピンクのサフランはよく見かけるが、こんな紫色のは初めて見た。

IMG_1101

温室も良い具合の昭和感。大学の植物園や博物館の媚びないかんじが好きだ。

その後、札幌駅まで歩き、駅ビルのレストラン街にある六鹿さんでまぜそばをいただき、帯広までの切符を買う。市営地下鉄で大通りまで戻り、再びアダノンキさんで買い物。イシイへのお土産にTシャツを買う。

ライブは去年も訪れた苗穂のレストランのやさん。石造りの蔵の壁に小松崎さんのハンマーダルシマーが響いて演奏されたスペインの古楽は中世の教会で聴いているようだった。ライブが終って早々にタクシーで札幌まで飛ばしてそこから列車で帯広に移動。予定より早く駅に着けたので、大丸の地下でカニ弁当を買った。この特急スーパーとかち、ものすごく揺れるうえに「エゾジカなど野生動物の通過により緊急停止することがあります」とのアナウンスにお弁当から手が離せない。

帯広についたらもう21時すぎ。ホテルは駅前の日航で、シルバーウィークの最終日ということもあってか4000円という激安な値段で泊まることができた。