Sakura in Koishikawa-Komagome

投稿日: カテゴリー: Journal

父と。
毛家でラーメンを食べてタクシーで小石川植物園へ。まさに満開。桜のない場所は人もすくなかったが、日本庭園に向かう途中に美しい花吹雪を見ることができた。そこから、白山上までのぼって珈琲。あまりカフェがないねえ、なんて言っていたが、本郷通りに抜けるちいさな商店街に3軒もあるのを発見する。そのまま駒込吉祥寺まで歩いて満開の枝垂れ桜とソメイヨシノを堪能。駒込病院前のストレルさんでケーキを食べて帰った。よい1日。

Sakura around Shinobazu Pond

投稿日: カテゴリー: Journal

自転車で不忍池まで様子見に。
不忍池のまわりはソメイヨシノだけではなく、吉野や八重もあるので色が鮮やかだ。ここの桜だって最初はひよひよの苗木だったろうに、何十年か後にこんな風景になることを想像しながら植えてくれたのでしょうかね。ありがたいことです。
帰り、グリさんとネグコさんとばったり。週末に浅草に出店するという古道具屋さんと、これから日暮里の純喫茶に行く帽子屋さんと路地でお喋りだなんて、昭和か。

Sakura in Yanaka-Nippori

投稿日: カテゴリー: Journal

イシイと花見。
三崎坂〜谷中霊園、川むらで蕎麦でも食べようとおもったら中休みでフラれ、日暮里の馬賊。南公園まで足をのばしたが、こちらはまだ5分というところ。そこからまた陸橋をわたって谷中霊園〜三崎坂〜帰宅。

Sakura with my kimono friends in Ayase

投稿日: カテゴリー: Journal

先日は三分咲きだった桜も今日は7分というところか。着物なかまたちと東綾瀬公園でピクニック。昨日までイマイチの天気だったので今日はタートルネックにポリの長着で帽子という着物的なかんじで参戦。駅前のスーパーでお酒とつまみを買って、友人が持ってきてくれたよいお酒とともに乾杯。毎年みかけるわんこも乱入して、いつものお花見。

いつものお花見ができるのは幸せなことだ。

 

 

Rakugo, Beer and Wine in Shibuya

投稿日: カテゴリー: Journal, ビール, 落語


Pと渋谷文化総合センター大和田さくらホールで春爛漫 白酒一之輔二人会へ。
音がよすぎて出囃子がガムランに聴こえる問題。

  • 白酒「四段目」
  • 一之輔「粗忽の釘」
  • 仲入り
  • 一之輔「愛宕山」
  • 白酒「文違い」

粗忽の釘、最高に笑った。愛宕山は春のうちに絶対に聴きたいと思っていた演目だったので嬉しい。でも思ってたのとちょっとちがったが)。終わった後は、原タプ〜MARZACへ。原タプに行く途中、竹下通りを通っていこうとしたら突入する気力をそがれるほどの人で笑ってしまった。タップルームではサイジングサン、沼津ラガー、黒船ポーターを。落語って演者との距離感とか、笑いの塩梅とかチケットのとりやすさとか(これは最近きびしいが)ちょうどいいよねって。マニアじゃないから批評的な視点もないし、内輪でもないし。たしかになあと思う。ジャプリゾをお借りする。

Sakura with my parents in Ayase

投稿日: カテゴリー: Journal

両親と東綾瀬公園へ。桜はまだ二分咲きというところだろうか。カンヒザクラは綺麗に咲いていた。
早咲きのソメイヨシノの下のシートを敷いて母の作ったちらし寿司を食べた。こんなのは何年ぶりだろうか。

その後、母の買い物につきあって北千住へ。ルミネやマルイを流して、最後は手前の一歩さんで晩御飯。よく遊んだ1日だった。