Dim Sum, Beer and Gin tonic

投稿日: カテゴリー: ビール

南国友の会、花見の予定が雨で寒い。横浜で待ち合わせて駅周辺をぶらぶらし、昼からやっている磯丸水産でいきなり飲む。夕方に中華街に異動して招福門で点心ディナー。食べ放題なのでどんな感じだろうと思っていたが、点心はどれも蒸したて揚げたてで、デザートも充実していて美味しかった。また行きたい。

その後、岩手からTさんMさんがいらっしゃっていたのでビアパブイシイで待ち合わせ。特にMさんは久々2度目のご対面なのにまったくそんなかんじがしない不思議な方である。ビールを飲みつつ懐かしい話をしつつ楽しいひととき。

その後、ちょっと飲み足りなくて84さん行ったらビアパブイシイの常連さまがいらしてお互いびっくり。リバプールのパブの話なんかを聴けて楽しかったなあ。

Tout va bien – Rakugo, Beer and Sake

投稿日: カテゴリー: Journal, ビール, 落語


Pと池袋演芸場へ。下席は昼は寄席で夜は独演会などが入る。あまり調べて行かなかったら昼の寄席は新作落語会だった。どうかなあと思っていたらどれも本当に面白くて大満足。
粋歌の新作もこの時期の「会社員あるある」でいい。最後はちょっといい話みたいなかんじで。この人、近所でよくやってる気がするので今度見に行ってみようかな。きく麿の新作「お餅」が一番笑った。なんともいえない間と老人たちののんびりした会話。しみじみよかったのは、はん治師。小三治師のお弟子さんだそうで、このお年でも小三治師の独演会では前座をつとめられるとのこと。落語会に定年なし…Hello Kittyの着物を着た丈二師「やくざのバイトたち」もよかった。丈二師が「池袋って客席明るすぎないすか?!」って言ってたけど、連れも「あまりに明るいし、高座近いし、とにかくニコニコしてなあかんなと思って。でもニコニコしてたら面白なってきた」と言っていた。そういう効果を狙ってるのだろうか。時蔵師の「幽霊蕎麦」はまるで古典落語のよう。創作落語の受賞作品とのこと。
それにしても、声をはる人が多かった印象w

その後、東口のCamdenと万事快調さんをハシゴ。Camdenはミッケラーまつり。でも乾杯はPunk IPAで。

万事快調さんでは奈良の風の森、大阪の秋鹿、石川の宗玄、どれも美味しかったなあ。

ジャプリゾを勧められたのだがまったく読んでおらず。しかしルネ・クレマンの『狼は天使の匂い』の脚本をやっていると知ってものすごくびっくりする。

Thai Food in Jingumae

投稿日: カテゴリー: Journal

友人と神宮前のタイ料理屋へ。ちょっと聞いてよ〜という話があるときにすぐにごはんを一緒に食べてくれる友人がいるというのはありがたいものだ。しかも甘いものまでいただいてしまった。持つべきものは女ともだち。苦しくなるくらい食べて上機嫌で帰ってきた。現金なものだ。しかし最近、神宮前でタイ料理しか食べていない気がするな。無数に店があるというのにすごいことだ。
帰ってから日本茶を淹れて、いただいた桜餅をありがたくいただく。もやもやもすっかり成仏してしまった。ありがたし。
ラム肉のクミンシードとフェンネル炒めというのがとても美味しかったので家でも作ってみた。

Kushi-Age in Sendagi

投稿日: カテゴリー: Journal


友人のサイト制作をお手伝いすることになり拙宅で打ち合わせ。その後千駄木の串猿でおごってもらってしまった。ヅカ沼といい、最近ヲタ活が楽しいという話をよく聞く。Twitterのおかげで遠方の人とすぐに仲良くなれて遠征先で会えたり美味しいものを食べたりできるのがいいのかもしれない。昔からあったけど、もっと裾野が広がっている気がする。
これって今のエンタメなんだろうなあ。

串猿は日本酒もけっこう素敵で、楯野川をいただいた。おいしゅうございました!

Trattoria Paradiso in Ikebukuro

投稿日: カテゴリー: Journal

NさんとAちゃんとサンシャインシティでごはん。スイパラコラボに行ったのだが、K○waii Cafeにおかれましてはたのむから見習ってくれというくらいごはん美味しくて感動した。趣味のお仲間さんができて、ツアーやらイベントやらどうなるのかねえなんて話したりして。夏まで予定が埋まりそうだ。
壁に今回のアー写のパネルが飾ってあったのだが、ビビッドなカラーが90年代のツアーパンフを彷彿とさせる。かっこいい。

Art Fair 2017

投稿日: カテゴリー: Journal

アートフェア東京2017と3331 Art Fairをはしご。両方とも連休の中日だからかものすごい人出でげんなりしながら頑張る。去年やってた100均(100万円均一である)はなくなってた。あんまりだと思ったのでこれはよかった。

アートフェア東京では昆虫画の小松孝英、ポートレートが素晴らしかった益村千鶴、3331では水性木版の瀧千尋、緻密な増子博子がよかったかな。

Reunion

投稿日: カテゴリー: Journal

ビ○ターバイト時代にお世話になったMさんから突然連絡があり、近所で飲んでいるからこないかとのお誘い。偶然、店をみつけて顔も出してくれたらしい。ありがたい。ふたつ返事で団子坂の清成に行った。お連れのMさんはとてもおもしろい方で、初対面だというのに楽しくお話ししてくださった。しかし「最も金がかかる」と言われているのは聞いていたが、ヅカ沼というのは奥が深い…
退団公演がすべてジェンヌ持ちというのは初めて聞いた。お布施によって公演期間や規模も変わってくるのだとか。すごい世界だ。