The Footprint of Sherlock Holmes

投稿日: カテゴリー: 2012 ロンドンJournalSherlock Holmes

Holmes in front of the station

シャーロック・ホームズをめぐる冒険の写真をアップしました。

http://3d-luna.com/sherlock-holmes-in-london/
iPhone, スマートフォンの方はこちらから

本当は、休みはアイルランドに行こうと思っていたのだった。

それがどういうわけか、BBCの『SHERLOCK』にハマってから原作を読み、
関連書籍にまで手をつけるのに半年もかからず
「出てくる地名がピンとこない」という理由で行き先をロンドンにしようと決め、
気づいたらヒースロー空港に立ってた。
昔だったら船で3ヶ月くらいはかかったのだろうから、いい時代になったものだ。

ホームズが活躍した最盛期のヴィクトリア朝は
せいぜい100年ちょっと前とかそのくらいの「昔」なので、
正典(コナン・ドイルが書いたホームズ)に出てくる地名も
BBCの『SHERLOCK』に出てくる地名もほぼそのまんまである。
(日本で言うと、夏目漱石と同時代の人。なので
よく日本のパスティーシュでは漱石とホームズの出会いの話が書かれる)

ベイカーストリートから始まって、セントポール、ウォータールー
ピカデリーサーカス、シティ、エンバンクメント、チャリング・クロス、
ホームズとワトスン君が出会った聖バーソロミュー病院もそのままだし
作中に出てくる大英博物館のむかいにあるタバーンも、ランガムホテルもまだ現役だ。

ベイカー街はすっかりビジネス街になってしまっているけど
通りの北のほうにあるシャーロック・ホームズ・ミュージアムは、
こじんまりとしたアパートに彼の部屋が再現されていて
ヴィクトリア時代の家具やら小物がたいへんに素敵なのである。
日頃ものを捨てたい捨てたいと言いつつも、こういう物に囲まれた部屋というのは憧れるわー。

Her Majesty The Queen’s Conservatory

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 2012 ロンドン

Spiral in Temperate House

Kew Gardensで撮影した温室の写真をアップしました。

http://3d-luna.com/green-and-spiral/

そもそも温室とか植物園を撮り始めたのは
1997年にパリに行ったときか、2000年にマドリードの王立植物園に行ったときかさだかではないのだが
とにかくビギナーズラックで、とても素敵に撮れてしまったのだった。

それから植物園めぐりがはじまって、近所の小石川植物園、夢の島熱帯植物園、新宿御苑(閉鎖中)
白金の自然教育園、神代植物園、熱川のバナナワニ園、伊豆シャボテン公園、堂ヶ島の蘭の里、
草津の熱帯圏(ねったいえん、ではなく、ねったいけん。名前はすごいけど退廃的な温室があるのだ)
富士宮の花鳥園、京都府立植物園、弘前の県立植物園とか、まあまあ行っている。
海外だと先にあげたパリ、マドリードをはじめシチリアとかベトナムあたりだろうか。
たいして行けてない。

なににこんなに惹かれるのだろう。

有機的な植物の曲線と、温室のアイアンの対比は美しいし
そもそも自然のものを人が制御しようとしたところで
植物に飲み込まれそうになるという、あやうい緊張感が好きなのだと思う。

キューガーデンにはPalm House、Princess of Wales Conservatory、Temperate Houseという
3つの特徴をもった大きな温室があって、それがどれも美しい。
アイアンに施されたヴィクトリア朝の意匠と、それに絡まる植物は、
それだけでラファエル前派の作品のようだ。

oblique

投稿日: 2件のコメントカテゴリー: 2012 ロンドン

non title

夜の大英博物館にて
ギリシャローマの彫像の展示室。
斜め右上から左下にかけてハンマーでたたき壊したとしか思えない、見事なななめっぷりである。

この旅行を機に、カメラのレンズを新調した。
私はカメラやレンズにとんと疎いので
キヤノンの標準レンズでも特に不満はないはずだったのだが
プラハでモノクロで撮ってみたところ
「なんだかもうちょっとシャープなほうがいいよなあ」と思ってしまったのだった。
生意気にも。

新しいSIGMAの子は17-70という広角〜中望遠で、かつ接写もできるのが売りなのだが
この画角やシャープな描写が銀塩の頃に使っていたレンズとよく似ていて、
視界がむかしに戻ったみたいだ。

今回のロンドンの写真は、学生のころに初めてヨーロッパに行って
その街並みに圧倒されながら、見るものすべてが新鮮で
常に上を向いてきょろきょろと歩きながら
広角で撮りつづけていた頃の写真と似ているな、と思った。

London-Tokyo

投稿日: カテゴリー: 2012 ロンドンJournal

2012年10月28日

ロンドン8日め。
最終日、荷物をまとめて鍵を返す。あっけないほどあっさりとチェックアウトが終わる。

フラットの前でまるまるとした猫さんが近寄ってくるので遊んでもらう。
(なぜかポケットのなかにまたたびが1つ入っていたので提供した)

Cat

希琳ちゃんにEuston通りまで送ってもらってタクシーに。
どうせまた再来月会えるので、そんなに寂しくない。

ものすごい訛りのタクシーの運転手さんは直接空港まで行ったほうが楽だと言っていたが
往復切符を買っていたのでPaddingtonまで£10ほどで到着。
行きもタクシーで行けばよかった。

PaddingtonからHeathrow Expressに乗って15分、
あっという間に空港に着いてしまう。
成田からだってスカイライナーに乗れるくらいは大人になったので
こういうところはケチらないで楽に移動しようと思う。
生まれて初めてスーツケースが20kgを超えたのだ。地下鉄の階段は辛い。

噂通りT3の免税店はまるで百貨店のようで朝からフル回転していた。
さすがヨーロッパのハブ空港。ヒースローやりよるな。

帰りはさすがに爆睡というわけにも行かず、
BBC SHERLOCK:THE CASEBOOKを流し読みする。制作陣のコメントは
DVDのコメンタリーを見ているとさほど新しい情報はないかんじではあるものの
ところどころ付箋でやりとりされる登場人物たちのセリフがおかしい。

29日の朝9時に成田に着いて、昼前には家に着いてしまった。
夢のような10日間が終わって明日から社会復帰。
いつもの旅行よりもずいぶんゆったりと過ごして随分リフレッシュできた。
働かず、勉強もせず、ただ街をふらふらと徘徊する旅行者は
半透明の妖精さんのようなものだと思う。特に迷惑をかけるわけでもないし。
母国語で話さないので難しいことも考えず、かといって
英語で思考するわけでもなく、ただ見るもの触れるものは新鮮で美しい驚きに満ちている。

IMG_0823

ロンドンはそんな旅行者でいっぱいの街で、皆、旅人に優しい。

London:Knightsbridge-Russel Square

投稿日: カテゴリー: 2012 ロンドン

午後はSt Pancras駅の時計の下で希琳ちゃんと待ち合わせ。
ものすごい笑顔でかけよってきてハグした希琳ちゃんはあいかわらず
顔ちっこくて美人さんでニコニコしているので嬉しくなってしまった。

一旦、宿に荷物を置いて、プレゼント交換。
こちらが日本から持参した超実用品に対して
希琳ちゃんからはものすごくものすごーーーく可愛いVivienneの長財布を
クリスマスプレゼントにいただいてしまった。
エビ(シャコ?)とかサルのイラストが描いてあるのに(!)こんなに可愛いなんて。
12月にはなにか素敵なものを用意しよう。そうしよう。

ふたりでとりあえず、希琳ちゃんが大好きな恐竜の骨を見にSouth Kensingtonへ。
自然史博物館に行き恐竜の骨を愛でて、さらに私が大好きな鉱石の部屋で
「鉱石とか、今まで完全にスルーしてたわ」と言われつつも鉱石を愛でて満足した。
あと、なぜか虫の展示のところには看板がわりに虫のオブジェが入り口に掲げられているのだが
なぜかB面(お腹のほう)が表になっているのであった。ショッキング。
ふつう羽のほうを表にするよね。
(この日、終始その写真を見ては笑っていた。ウケすぎ。)

その後ナイツブリッジまで歩いてハロッズの横にあるGRAN CAFEというカフェで
念願のアフタヌーンティーを。スコーン、ケーキ、サンドイッチ、
トレイにのっているもの全てか綺麗で美味しい。
お茶は一番好きなアールグレイをいただいたのだが、ものすごく香り高くてびっくりした。
食べ物が美味しくないとか思っててごめんよ、英国…

Afternoon Tea

そのまま百貨店のハロッズとハーベイ・ニコルズを冷やかして、
お互いヒゲの生えそうな生活から脱却すべく女子度を上げる。
(アラブからのお客さんと友達になる計画とか、誰が着るのかわからないような
錦野アキラみたいなものすごい刺繍のジャケットとかで女子度があがるか疑問だが。)
それにしてもロンドンは買い物天国であることよ。パッケージとかどれも可愛いし、
ハーベイ・ニコルズの最上階にある食料品売場なんて何時間でもいれそうだったもの。
(でも賞味期限が切れたカラスミを激安で売ってるのにはちょっと笑ったw そして希琳ちゃんはそれを買ってたww)

上機嫌のまま、宿の近くまで行って地元なパブで半パイントだけビールを飲んで
それから雰囲気がよさげなRussel Square近くのタパス屋さんに入った。
通りすがりに入ったのだが、出てくる料理がどれも美味しくて
サービスも感じが良くてすごくいい店だった。

Norfolk Arm

生ハムとか、お魚の燻製とか、ミートボールとか、ニシンの酢漬けとかチーズボードとか
ずっと独りで簡単なものしか食べて来なかったので、どれも日本では食べたことないものばかりで
美味しくて感動した。それに女友だちと一緒だと何倍も楽しい。
チーズはクラッカーにのせてマスカットと一緒に食べると美味しいのだな。
ワインも空けて、しゃべりたおして、そのまま宿でごろごろして本日の活動は終了。

もうそろそろ20年来(!)になってしまう友だちなので
京都だろうが東京だろうがロンドンだろうが(たぶんアラブでもアフリカでも)
どこで会ってもすぐに高校生の頃みたいになってしまう。
まだ話し足りないこともいっぱいあるし、リバティも見てないのにい、と思いつつ
もう翌朝には出発しなければならないのがつくづく惜しまれる。

とりあえずBBC SHERLOCKについては猛然とリコメンドしておいた。(えへ