Good Bye Lenin!

投稿日: 1件のコメントカテゴリー: 2011 プラハJournal映画

ヴォルフガング・ベッカー監督『グッバイ、レーニン!』

熱心な活動家だったお母さんが心臓発作で8ヶ月も昏睡状態に陥っている間に
東西ドイツが統一されてしまって、目覚めた母にショックを与えないように
社会主義国家が続いているように演出し続ける息子の話。

昔、BSかなんかでやってたのを片手間に見ていて
すっかりコメディだと思っていたのだが、最後まで見ると
結構シリアスな映画だということがわかった。

ロシア構成主義ぽいグラフィックもおしゃれなんだが、それよりも
1シーン1シーンが絵画のようで、ドタバタしたストーリーと関係なく
画だけ観てもじゅうぶん楽しめる作品だと思う。

それにしても2010年はグルジアのスターリン博物館にも行ったし
2011年はプラハの共産主義博物館でビロード革命の映像を見て涙したし
最近なんだか共産主義づいているのだが、個人的には資本主義万歳です。

そういえば、そのビロード革命の衝撃的なニュース映像
(民衆が機動隊と衝突してボコボコにされてるやつ)のBGMとして流れていた
超絶ベタなフォークソングはチェコ語で「ありがとう(Děkuji)」というタイトルだったなあというのを
思い出して、YouTubeで調べたら動画が落ちてた。
YouTubeすごい。

そして、この人、びっくりするくらい谷村新司っぽい。

biblio

投稿日: カテゴリー: 2011 プラハ

books

ストラホフ修道院には、神学の間、哲学の間があり
そこにおさまりきらない本が通路の書架に並べられている。

鼻先に、触れたら解けてしまいそうな皮の表紙の装飾写本。
図書館特有の、紙の甘いにおいがする。

プラハ

Cafe Kafka

投稿日: カテゴリー: 2011 プラハ

Cafe Kafka

中央駅がいい。
線路が行き止まりで、どんつきにはいかめしい緩衝器が設置されている。
とりわけ中央駅のカフェが好きだ。

プラハの中央駅、アールヌーヴォーの意匠に見下ろされつつ
紳士淑女がカフェ・カフカで出発の時を待っている。