Camellia

投稿日: カテゴリー: Journalキモノ

Camellia

着物は、その花が咲いているときに着るのは花と競うようで野暮だと言われているらしい。
とはいえ、蘭、竹、菊、梅は四君子という植物のなかでも王様のようなものなので通年着てもいいなどという超越的なルールがあってわけがわからない。
(とはいえ、やはり蘭が春、竹は夏、菊は秋、梅は冬なんだと。)

最初のころは頭でっかちに、野暮だと思われるなら避けようと思ってたのだが
洋服では滅多にそんなことできないのだから、桜の時期に桜の着物、蓮の時期に蓮の浴衣、紅葉にはもみじの羽織などなど旬の柄を着るのもいいんじゃないかな、と思うようになってきた。
風景のなかに本物の花と、その柄の着物を着た人がいたらとても素敵だと思うから。

落椿は春の季語だ。

kyogen lounge

投稿日: カテゴリー: Journalキモノ未分類

先日は、キモノでセルリアンタワーの能楽堂へ。

Kyogen Loungeという、若手の狂言師の方々が
有志で「もっと狂言を身近に」ということで毎月開催されているイベントらしい。
狂言を習っているおともだちが、最近キモノにドハマリしていて
キモノつながりでお誘いいただいたのだった。

トルコ料理屋でがっつり食べて、いざセルリアンへ。

さて、メインの狂言の演目は『附子』。
その前に、ものすごく新しい試みとして裏方公開があった。
衣装を着つけるところを見せてくれたのだが
みなさん楽屋では紋付袴だそうでかっこいい。
「今まで男はスーツだと言っていたが、これからは『男は紋付』ということにする!」
と熱く語ったら、「いや、あのかっこよさは袴がメインなんだ」と諭された。
上は浴衣でも袴を履くと格段にかっこよくなるらしい。
な、なるほど・・・!

『附子』は教科書に載っているくらい有名な話らしい。
初心者向けのイベントなので、ちゃんと事前に解説が入るのもよかった。
もっとずっと何を言っているのかわからないかと思っていたが
結構セリフも聞き取れるし、アクションも大きくて面白い。
ちゃんとコメディとして笑えるものなんだな。

ボランティアで盲学校で演じたりすることもあるらしいが
目の見えないこどもたちも、音だけでどっと笑うんだそうだ。
すごいことだ。

終わったあとは狂言師の方々とお話したりもできて
なかなか得難い体験であった。

メインの狂言のほかにも、DJブースあり、バーやケータリングもあり
フレアバーテンダーのパフォーマンスあり、
和柄の洋服ブランドやデニムのブランド、果ては
オーダーメードのテーラーの方々まで出店を出して
かなり賑やか。本当に狂言を見まくっている人には
1演目で5000円というのは高いらしいが
入門で、これから見ようという人には楽しいイベントだと思う。

ちなみにキモノを着ていくと1000円引きなので
ご興味がある方はぜひー。

【羽織】青地に梅と橘

投稿日: カテゴリー: 羽織

haori_tachibanaumeこちらもハレ系のコーデにと思い選んだ羽織。

青地つながりで、矢羽の着物と合わせるのだが
派手すぎて正月とパーティーでしか着てない。

ぼちぼち落ち着いたほうがいいんだろうか自分。。。