Camellia

Posted カテゴリー: Journalキモノ

Camellia

着物は、その花が咲いているときに着るのは花と競うようで野暮だと言われているらしい。
とはいえ、蘭、竹、菊、梅は四君子という植物のなかでも王様のようなものなので通年着てもいいなどという超越的なルールがあってわけがわからない。
(とはいえ、やはり蘭が春、竹は夏、菊は秋、梅は冬なんだと。)

最初のころは頭でっかちに、野暮だと思われるなら避けようと思ってたのだが
洋服では滅多にそんなことできないのだから、桜の時期に桜の着物、蓮の時期に蓮の浴衣、紅葉にはもみじの羽織などなど旬の柄を着るのもいいんじゃないかな、と思うようになってきた。
風景のなかに本物の花と、その柄の着物を着た人がいたらとても素敵だと思うから。

落椿は春の季語だ。

kyogen lounge

Posted カテゴリー: Journalキモノ未分類

先日は、キモノでセルリアンタワーの能楽堂へ。

Kyogen Loungeという、若手の狂言師の方々が
有志で「もっと狂言を身近に」ということで毎月開催されているイベントらしい。
狂言を習っているおともだちが、最近キモノにドハマリしていて
キモノつながりでお誘いいただいたのだった。

トルコ料理屋でがっつり食べて、いざセルリアンへ。

さて、メインの狂言の演目は『附子』。
その前に、ものすごく新しい試みとして裏方公開があった。
衣装を着つけるところを見せてくれたのだが
みなさん楽屋では紋付袴だそうでかっこいい。
「今まで男はスーツだと言っていたが、これからは『男は紋付』ということにする!」
と熱く語ったら、「いや、あのかっこよさは袴がメインなんだ」と諭された。
上は浴衣でも袴を履くと格段にかっこよくなるらしい。
な、なるほど・・・!

『附子』は教科書に載っているくらい有名な話らしい。
初心者向けのイベントなので、ちゃんと事前に解説が入るのもよかった。
もっとずっと何を言っているのかわからないかと思っていたが
結構セリフも聞き取れるし、アクションも大きくて面白い。
ちゃんとコメディとして笑えるものなんだな。

ボランティアで盲学校で演じたりすることもあるらしいが
目の見えないこどもたちも、音だけでどっと笑うんだそうだ。
すごいことだ。

終わったあとは狂言師の方々とお話したりもできて
なかなか得難い体験であった。

メインの狂言のほかにも、DJブースあり、バーやケータリングもあり
フレアバーテンダーのパフォーマンスあり、
和柄の洋服ブランドやデニムのブランド、果ては
オーダーメードのテーラーの方々まで出店を出して
かなり賑やか。本当に狂言を見まくっている人には
1演目で5000円というのは高いらしいが
入門で、これから見ようという人には楽しいイベントだと思う。

ちなみにキモノを着ていくと1000円引きなので
ご興味がある方はぜひー。

【羽織】青地に梅と橘

Posted カテゴリー: 羽織

haori_tachibanaumeこちらもハレ系のコーデにと思い選んだ羽織。

青地つながりで、矢羽の着物と合わせるのだが
派手すぎて正月とパーティーでしか着てない。

ぼちぼち落ち着いたほうがいいんだろうか自分。。。

【浴衣 絞り】亀甲に菊

Posted カテゴリー: 浴衣

yukata_shibori祖母の影響で長年憧れであった日本橋三越さんでお誂え。
まだまだわたしは浴衣がせいぜいだ。

郵送で送ってもらったのだが、たとう紙は皺ひとつなく、
余り布さえ、お札を入れるような美しい 封筒に入れられていた。

そんなところで感動・・・

肝心の浴衣は、絞りなのでやわらかく軽く、ふわりとした着心地ですばらしい。

【半幅】宝船と牡丹

Posted カテゴリー:

綾瀬のガレージで発掘。1800円の掘り出し物であった。

柄が派手なわりには半幅なので(もともと昼夜帯をばらしたものだろう)
羽織の時期に地味な着物に合わせて使う。

parts

Posted カテゴリー: Journalキモノ


銀座松坂屋に、浅草橋のパーツ屋「貴和製作所」が入った。
広大な売り場に、ゴージャスな内装で、専用のラボまであって
いかにも銀座ってかんじのラグジュアリー加減であったが、
あんなに土地の高いところで、1つ50円とか60円とかのものを売っていて
大丈夫なんだろうか…
と思っていたら、向かいのメルサにはユザワヤが入っていた。
東急ハンズもできちゃったし、なんか銀座が新宿化しているなあ。
貴和で買ったパーツで、壊れた携帯ストラップを
帯飾りに改造。
もう夏も終わりだけど、なんか涼しげなのができた。

浅草界隈の和もの屋

Posted カテゴリー: キモノ店
  • ヒロヤ 着物・和装小物
  • かづさや 和装小物・下着(一見土産もの屋に見えるが奥にいろいろあり。)
  • 文扇堂 老舗の扇子屋さん
  • 帯源 (いかにも高そう!だけど、店先の半幅や角帯は意外とリーズナブル)
  • 辻屋本店 はきもの(下駄が充実)
  • 永澤屋 祭半纏とか
  • 東京ローカルバザール 和もの雑貨。信玄袋など安い。
  • 染めの安坊 手ぬぐい・雑貨。オリジナルの型染め
  • 蔦屋 袋もの

【名古屋夏帯(太鼓)】薄青地に菖蒲・百合・桔梗(@今日実)

Posted カテゴリー:
obi_ayame.jpg
大須のアーケードからちょっと路地に入ったところにある
ちいさなお店。
オリジナルの帯や雑貨も扱っている。
東京だったら青山あたりにありそうなかんじだ。
中が暗く、あまり状態がよく見られないのがしんどいのと、
なぜか店員さんが値段を知らず、写メールで撮って
上にいるオーナー?に値段を確認しにいく、という
不思議なフローが確立しているのであった。
不思議・・・

【名古屋夏帯(太鼓)】白橡地にガーベラ(@伊勢河崎町)

Posted カテゴリー:
obi_gabera.jpg
伊勢の伊勢市駅から徒歩15分くらい。
古い庄屋が並ぶ河崎町にある資料館
「河崎商人館」の向かいの古きもの屋で購入。
おなじく古い建物を利用した施設。
2000円とか、うそみたいな値段だった気がする。
裏にしみがあるものの、状態がよくて
これはよいお土産になった。
絽に、ハケで描いたような大胆なガーベラ?ダリア?
葉には銀糸が入っている。

【細幅帯】ミンサー織(@八重山)

Posted カテゴリー:

obi_minsa.jpg

竹富島に旅行にいったときに買ったお土産。(買ったのは石垣島だったかもしれない。)
帯の絣の柄に五つと四つの組合せが交互に配されていて、これは「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」 という心が込められているとのこと。
四寸と細いので、ご近所用。

【博多献上帯】黄檗

Posted カテゴリー:

obi_hakatakenjo.jpg

おそらく祖母のものだと思う。
藍染めの古典柄の浴衣にはいつもこれを締める。祖母の渋好みを思い出す。
なんとなく芥子色と覚えていたのだが、久々に日の光の下で見たらずいぶん明るい色だった。

bon weekend

Posted カテゴリー: Journalキモノ


■ 土曜
同僚から「ianakでパン買った」というメールが来たので
いてもたってもいられず、自転車でよみせ通りをかっとばして
ianakまで行ってパンを買ってきた。
ほんとうにパンが好きな人たちが、楽しく一生懸命やってるふうで感じが好い。
もちろんパンも美味しかった。
週末のサンドイッチは食べ頃のカマンベールと、生ハムと、青リンゴ。
なんだか昼からワインが飲みたくなっちゃったよ。
掃除をして、洗濯をして、ユニクロのリサイクルに出すものをまとめ
友人たちに返却する本やCDをまとめ、、
デスクの袖机の中に入っている「いらないもの」をいっさいがっさい捨てる。
もともと、あまりものを溜め込む性質ではなく
必要なものしか手元に置いていないつもりなのだが、
定期的に掃除をしないと抽斗があふれてしまう。
70%くらいの収納率というのが理想的だが、なかなかそうもいかない。
あと捨てたいのは脂肪・・・・
思い立って安いミシンをポチっと購入。
家にある20年選手は、大きくて重くて、しかも調子が悪い。(最悪)
この間、簡単な縫い物をしようとしたが糸が絡まり
モキー!となったので買うたった。
■ 日曜
午前中、REGALのファミリーセールの招待券をもらったので、REGAL本社へ。
銀座や百貨店に出店しているので、本社はさぞ一等地にあるのかと思いきや、
千住大橋にあるのだ。渋い。
昭和なかんじの敷地内に倉庫があって、そこで革靴が叩き売られていた。
黄色いパンプスを購入。
帰宅したら、昨日買ったミシンがもう届いてびっくりした。早すぎる。
午後、靴底がはがれてしまったローファーを購入店舗に持って行く。
今シーズン買ったばかりなのに、数回履いただけで靴底がはがれた。
あり得ん。
「工場に戻すと時間がかかるので、応急処置でよければ30分ほどで修理しますが…」と
あきらかに、工場に送り返すのが面倒~というように店員が粘るので、
「そもそも根本的に造りが甘いような気がしているので
応急処置ではなくて、工場で が っ つ り 直してください。
もちろん無償かとは思いますが、万が一有償だったらご連絡ください。」
と言い放って押しつけてきた。
そもそもこれはあんたの台詞だ、と念を込めて言ったのだが
彼には伝わっていないだろう。
その後、履物問屋で下駄を2足新調。
ひとつは鼻緒と台を選んで、すげてもらった。
ちょっと値ははったけど、友人が市松のかっこいい鼻緒を見つけてくれて
きりっとしたかっこいい下駄になった。わーい。
そんなこんなで、日曜日は履物に縁のある一日であった。

【単衣 紗】桜鼠地に柳と撫子

Posted カテゴリー: 単衣

NadeshikoYanagi.jpg

珍しく着丈が長い。
初めての絽、なのだけど袖丈が微妙・・・
襦袢の袖を作らねば。
裄は頑張ればあと2cmくらい出そうな気がする。
なんかのついでに直してもらおう。
着丈 165cm
裄丈 64cm
袖丈 55cm