cat

投稿日: カテゴリー:

夜、父は八重山、母は秋田に行ってしまったので猫の世話を仰せつかる。
猫を撫でているとストレスが吸収されるというか、頭のネジがぐるぐるとゆるんでいく感じがある。
こうして猫は何千年も人間と一緒に暮らしてきたのだなあ。

London-Tokyo

投稿日: カテゴリー: 2012 ロンドンJournal

2012年10月28日

ロンドン8日め。
最終日、荷物をまとめて鍵を返す。あっけないほどあっさりとチェックアウトが終わる。

フラットの前でまるまるとした猫さんが近寄ってくるので遊んでもらう。
(なぜかポケットのなかにまたたびが1つ入っていたので提供した)

Cat

希琳ちゃんにEuston通りまで送ってもらってタクシーに。
どうせまた再来月会えるので、そんなに寂しくない。

ものすごい訛りのタクシーの運転手さんは直接空港まで行ったほうが楽だと言っていたが
往復切符を買っていたのでPaddingtonまで£10ほどで到着。
行きもタクシーで行けばよかった。

PaddingtonからHeathrow Expressに乗って15分、
あっという間に空港に着いてしまう。
成田からだってスカイライナーに乗れるくらいは大人になったので
こういうところはケチらないで楽に移動しようと思う。
生まれて初めてスーツケースが20kgを超えたのだ。地下鉄の階段は辛い。

噂通りT3の免税店はまるで百貨店のようで朝からフル回転していた。
さすがヨーロッパのハブ空港。ヒースローやりよるな。

帰りはさすがに爆睡というわけにも行かず、
BBC SHERLOCK:THE CASEBOOKを流し読みする。制作陣のコメントは
DVDのコメンタリーを見ているとさほど新しい情報はないかんじではあるものの
ところどころ付箋でやりとりされる登場人物たちのセリフがおかしい。

29日の朝9時に成田に着いて、昼前には家に着いてしまった。
夢のような10日間が終わって明日から社会復帰。
いつもの旅行よりもずいぶんゆったりと過ごして随分リフレッシュできた。
働かず、勉強もせず、ただ街をふらふらと徘徊する旅行者は
半透明の妖精さんのようなものだと思う。特に迷惑をかけるわけでもないし。
母国語で話さないので難しいことも考えず、かといって
英語で思考するわけでもなく、ただ見るもの触れるものは新鮮で美しい驚きに満ちている。

IMG_0823

ロンドンはそんな旅行者でいっぱいの街で、皆、旅人に優しい。

marionette

投稿日: カテゴリー: Journal

CULOYON

I氏からの誕生日プレゼント。

ずいぶん前に注文して楽しみに待っていた
CULOYONのマリオネットがフランスから届いたのである。

この不気味かわいいかんじが素敵。
左手には魚を持っている。

ピエールと命名。

bon weekend

投稿日: カテゴリー: Journal

IMG_4460

25日。

世の中はクリスマスで盛り上がっていたようだが
この界隈は年の瀬ムード満点で門松が立ちはじめる。

おなじみの花屋、198 Queen st. Kingstonさんが
帽子屋C.A.G.さんの店さきに出店を出すというので遊びに行って松飾りを買う。
松の枝は、その枝や根に氏神さまが宿るのだという。
根が生きていれば地上の枝が枯れたと思っても春になると葉が出てくるし
根がつくというのは力の象徴なのだろう。
そんな思いも込めて「根っこつき」の松飾りを買った。
「じゃあ、よいお年をね。」などと言い合ったあとに
「クリスマスなのにねえ・・・」と苦笑。

その後は実家で手巻き寿司をごちになり、クリスマスケーキを食べ
さんざん猫と遊んで上野へ。

I氏がとうとう走る気になったようなので、私からのクリスマスプレゼントはランニングシューズ。
早速夜に上野公園を走ってみた。
誰かと走るのは楽しいものだ。

impression

投稿日: カテゴリー: Journal読書

Cat

ひさびさのimpression。

■ 『巌窟王』
中田譲治氏の「ええ声」が聞きたい!とさわいだら
KAZUさんが不憫に思ってわざわざ郵送してくださった。
デュマの「モンテ・クリスト伯」のSF版で美しすぎる映像。
Jean-Jacques Burnelの音楽もかっこいい。
http://www.gankutsuou.com/

■ 『輪るピングドラム』
片手間に見ているのは理解度は60%くらいなのだが
BGVにはいい気がする。
生存戦略しましょうか。
http://penguindrum.jp/

■ 『GARO 牙狼 MAKAISENKI』
大きいお友達向けの特撮。
ゲストが豪華。
小松政夫と松金よね子が熱演しているのには笑った。
音楽もケレン味があってよいです。

主人公が着ているコートがかっこよすぎて恥ずかしい。
http://garo-makaisenki.jp/index.html

■ 『UN-GO』
これはこれから見る。
坂口安吾の『明治開花 安吾捕物帖』のSF版ということらしい。
第1話から観ないと意味ないかんじらしいので、これからじっくり見たい。
なんか今となってはなつかしいかんじの2000年初頭っぽい絵。
http://www.un-go.com/

■ 『ミスターシーナの精霊日記』
もうずっと、10年くらい買おう買おうと思いつつ
本屋に行くと忘れてしまうという呪いにかかっていたのだが
Amazonでも品切れになっているのを発見し、ようやく購入。
神保町の書泉で探し、アキバ店で取り置いてもらい
その日にその足で取りに行った。

この人の繊細な絵と、やさしい物語が好きだ。

■ 『青空の卵』
坂木司のコミカライズ版。有栖川よりも
ホームズとワトスンが共依存というかんじ。
しかしもうちょっとこう、密室で人がばんばん殺されるやつが好きなんですけども・・・

あとはここには書けないあんなやつやこんなやつもあるのだが
それはまた別の機会に。