Dr. Strange

投稿日: カテゴリー: 映画

YさんMちゃんと丸の内で「ドクター・ストレンジ」を。今回、ベネディクト・カンバーバッチよりもマッツ・ミケルセンに期待していたのだが、マッツでなくてもいいかなあという印象。ただ、ワン役のティルダ・スウィントンが相変わらず人間離れした雰囲気で良かった。人外の役をやらせたらこの人の右に出るものは今のところいない感じ。

原作のあらすじをざっくり追って行ったが、本来敵であるモルドは今回は仲間として描かれ、ワンを裏切った弟子としてカエシリウスというオリジナルキャラクターが出ていた。アベンジャーズを観ていないので、ちょいちょい挟まれるマーベル・スタジオ小ネタはわからず。

観終わったあとは丸の内のインド料理屋でキングフィッシャー飲みながら映画についてツッコミいれたりして楽しかったな。

地獄でなぜ悪い

投稿日: カテゴリー: 映画

園子温『地獄でなぜ悪い』

第38回トロント国際映画祭 観客賞(ミッドナイト・マッドネス部門)受賞という納得のマッドネス。堤真一も星野源も本当に気持ち悪い縁起で最高でした。血はだめなはずなのに園子温の血はあまりにフェイクすぎて大丈夫なのだ。

それにしてもこんな映画をこんなにたくさんの時間と労力を使って撮れるって凄いことだよな。日本映画も懐深い。

TOKYO TRIBE

投稿日: カテゴリー: Journal, 映画

園子温『TOKYO TRIBE』

クストリッツァの映画にも似た悪魔的なファンタジー。
ヒップホップのミュージカルっていうのでジャームッシュの『ゴースト・ドッグ』みたいなのを想像してたのだが全然違ったよ。
皆殺しの換気扇出てきた時点で大爆笑した。

愛のむきだし

投稿日: カテゴリー: Journal, 映画

園子温『愛のむきだし』

237分。
完走できるか心配だったけど、ジェットコースターみたいな映画であっという間。
とはいえ観終わったあとはぐったりして立てないくらい何かを吸い取られる。
俳優陣もとてもよかった(特に狂っていく神父の渡部篤郎とか最高)

園子温の映画って、そこから教訓とか希望とかなんも残らないようでいて
ちょっと光が見えてしまうところがいい。

Elementarteilchen

投稿日: カテゴリー: 映画

Oskar Roehler『Elementarteilchen』

ミシェル・ウエルベックの超売れた「素粒子」の映画化なんだが、なぜかドイツ映画。今日、おでんをつつきながらウエルベックの話になって、帰宅してからつい観てしまった。ヒッピーの村がじわじわおかしい。そしてこの兄弟、足して2で割りたい。あと原作の大どんでん返しは映画では描かれていないので最初に原作を読んだほうがよい。

海街diary

投稿日: カテゴリー: 映画

ひたすら鎌倉の美しい風景のなかで美しい四姉妹を愛でる映画。
原作よりもずいぶん姉妹が華やかでびっくりするが、綾瀬はるかも長澤まさみもとてもよかった。
是枝監督作品は突飛な設定なのに役者さんの抑えめの演技で人物の感情がすんなり入ってくるのがいつもいいなと思う。

MAD MAX

投稿日: カテゴリー: 映画

何も残らないけど観て後悔はしない。
子産み女とかウォーボーイズとか分析すればいろいろ出てくるんだろうけど、とりあえず「ギターのヘッドから火を吹くギミック、それはいらないだろ」というツッコミだけはしておく。