Rakugo, Wine and Whiskey in Ueno

仲入り前の一席から

  • 菊之丞「短命」
  • 扇辰「死ぬなら今」
  • 小ゑん「フィ」
  • 扇遊「天狗裁き」

菊之丞師は権太楼師の代打で登場だったようで。まさか聴けると思ってなかったので嬉しかったな。あと鈴本では滅多に当たらないナンセンス系(?)新作も。

その後、Golden Gateさんでビール、たいへんな混みようの八十郎でワイン、ゆったりしたカドヤで先日山崎で飲めなかった山崎をトワイスアップで。

 

Sicario

「ボーダーライン」
デル・トロにはずれなし…ということで薦められて観てみたが、緊迫しすぎて疲れた。人は虫のように死ぬし、メキシコの麻薬カルテルの関係者に生まれなくてよかったと心底思った。
重たい空と通奏低音、どこか見覚えがあるなと思ったら「ブレードランナー2049」と同じドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。

TAKING CHANCE

「テイキング・チャンス」
チャンスを掴め的なタイトルかと思ったら全然違う。チャンスという名前の戦死者を将校が家族のもとまで届ける、という非常にシリアスな映画。米国版の「おくりびと」というところか。
ケヴィン・ベーコンの海軍姿に萌える間もなく話が真面目すぎて真顔になったけど、淡々と戦死者の護衛に関わった人々を描いていてとても良かった。米国って戦死者に対する敬意の表し方がすごいんだなと。
この感覚は日本にはもはや微塵もないな。

Numazu

定期的に沼津の水門を見たくなる。

忙しいえりかさんに無理やり時間をつくってもらって、新感線で三島まで。先日凄惨な無差別殺人事件があったばかりの路線なので社内は神奈川県警が巡回していた。お父様と車で迎えにきていただいてしまった。

柿田川ブリューイングに立ち寄ってもらい、ボトルを4本ほど購入。その後、深海水族館でリリースしてもらい、えりかさんとわちゃわちゃおもしろがりながら水族館をじっくり見る。以前来た時は大混雑だったがもう落ち着いているのか、2組ほどしかいなかった。その後、水門にあがって海を見たり。港を歩いているとものすごい勢いで海水が吹き出す道があったりしておかしい。ぼーっと歩いていたらずぶ濡れになるところだった。

お父様も合流して水門を臨むハワイアンなお店でディナー。ごちそうさまでした!

impressions

ここ数日、WordPressのりダイレクトハックに悩まされている。サポートの力を借りて、なんとかトップページは解消したものの、下層ページはまだ。行き詰まると唐突に引き出しの整理とかPCのフォルダの整理したくなる。

今日は最初の頃どういうディレクトリ構成にしていいのかさっぱりわからなかったムービーのフォルダを整理した。探してたカードケースも発見。結局、最初に探したところにあるんだよな。なんでか。

写真はKさんからいただいたBEL AMERのチョコ。美味しい。

WordPress投稿時、更新時に画面が真っ白になる。投稿画面、アイキャッチ設定でメディアが取得できない。

WordPress投稿時、更新時に画面が真っ白になる。
投稿画面、アイキャッチ設定でメディアが取得できない。

パーミッションを変えても、wp-configに追記しても解決しなかった上記二点が同時に解決したのでメモ。

ロリポップの管理画面>サーバの管理・設定>PHP設定>php.iniの設定で「そのほか」の設定項目「display_errors」を「On」にする。

真っ白な画面にエラーが表示されるようになる。
適用しているtheme/function.php:15があやしいので該当ファイルを開いてみるが、15行目にはなにも記述されていない。?>までの改行を削除したところ復旧した。

原因が判然としないがまあいいか…

impressions

ヤマト運輸の往復宅急便がとても便利そうだ。

飛行機の荷物の預け入れもしなくていいし、ロッカー探さなくていいし、アプリで送り状出せるし、国内旅行はこれにしようと思う。早速、週末の奈良遠征の荷物を送りに出してみた。営業所に持込&アプリから伝票出すとわずかに安くなる。カバーはないので汚れるのがいやだったら130円でカバー購入可能、カバーは繰り返し使えるそうなので買った。東京-奈良100サイズでコミコミ2200円くらい。出掛けにヤマト専用のカードを入れたカードケースが見つからず現金払いだったけれど、プリペイドカード使うともうちょっと安くなるんだったかな。なんにせよ、ボストンバッグひとつぶん身軽になるのはありがたい。

 

 

荷物をヤマトの直営所にあずけたついでに、不忍池をぐるりとまわって久しぶりにABABを覗いてみた。小学校のころから変わらない、ちょっと垢抜けない感じが変わらず落ち着く。それでも上の階のコスメ売り場はかなり充実していて(インバウンド対策だろうか)小一時間、安いコスメを漁って時間をつぶしてしまった。一角の暗い場所でデパコスが値下げして売られているのもあやしい。

 

 

栗城氏が亡くなった。自死のような殺人のような死に方だ。前職場にスポンサー対応で講演しにきて、感動し元気をもらったという人もいたけれど、個人的には正直このやり方に後援費用出す意味がわからないと思っていた。この記事がもっと早くに前職場にシェアされてたら彼は命を失わずにすんだかもしれない。震災の直後、錚々たるスポンサーがついていた。その企業は責任を問われないだろう。RIP
森山編集所「栗城史多という不思議2」

OOFUJITSUBO in BPI

今年もよみせ通りのわくわく大感謝祭にオオフジツボが来てくれた。イシイたっての願いに応えていただいた。特に今年は店舗が狭くなってしまってもう無理かと危ぶまれたが、のだやさんのご好意でスペースをお借りできたのは本当にありがたい。

ライブには両親、伯父伯母、たくさんのご近所さまたち、その後の打ち上げには友人TさんKさん、アメリカから一時帰国中のVirginiaそしてお久しぶりのMat、あやさん、Morganさんも。特に、MatはBig Bridgesのアレンとどうも仲がよさそうだなと思っていたのでその話をしたら「え〜、ここに連れてきたことあるよ!」と言われてびっくり!世間は狭いなあ。

うちあげで聴いた「Shrine, Lighthouse and the grass」は素晴らしかった。そのあとかっぴーとセッションしたリベルタンゴもなのはなもスペインもとてもよかった。

オオフジツボは「音楽で心がふるえるというのはこういうことだ」と思わせてくれる大切なバンドだ。

 

Super Melon

生クリームを愛でにニューオータニへ。
少し早く着いたので、ガーデンコートからメインまでゆっくりと見て回ったが赤坂の緑がよく見える窓と、昭和モダンな内装がとても素敵だ。
前職にいたころからなのでもう随分続いている「愛でる会」。Hぽんが意を決してオーダーしたエクストラスーパーメロンケーキ(3800円!!)も、わたしの抹茶ケーキも品切れであえなく全員スーパーメロンケーキになってしまったのだが、それでも本当に美味しかった。

甘いものだけで終われるわけもなく、東急ブラザのYONAYONAでビール。気づいたら4時間くらいしゃべり通していた。

Kyushu Cuisine in Ningyocho

3月の案件の打ち上げで人形町のやましょうさんへ。
自転車で向かう。途中に見たハリオ本社がかっこよかった。もとは銀行の建物だろうか。
少し早く着きすぎたので向かいのNOVOさんで軽く一杯…のつもりがカウンターはハッピーアワーで半額だというのでしのびなくて2杯飲んでしまった。
期間中にHちゃんと食べにいった九州料理がいまいちだったのでリベンジということで予約してもらった。ここは胡麻鯖も馬刺しも美味しい。Mさんはバス釣りにハマってボートまで買ってすごいなあと思っていたがとうとう牽引用にランクルを買ってしまうらしい。なんだか蓮を育てるためにメダカを飼ってそのために水草を育ててビオトープに行き着くみたいなかんじだなあ。小型船舶免許のテキストがとても興味深かった。船って右側通行なんだな。

Mさんごちそうさまでした。

劇場版名探偵コナン「ゼロの執行人」

あまりにTLで話題になっているので水曜だしということで自転車に空気を入れて上野へ。なんでコナンが小さいのかも知らないのに、安室の声優さんが古谷徹だってだけで面白いじゃないですか…話題作なだけあってオトナが見ても十分おもしろい。ちょっと後半盛り過ぎなかんじもあったけれど。

終演後はGOLDEN GATEさんでハンバーガーを。顔を覚えていてくれて嬉しかったな。

SCANDAL in Nakano

Pにお誘いいただきSCANDALのHONEYツアー東京公演へ。

全曲メンバーが書いた曲で構成されているアルバムをひっさげてのツアーだそうで、3曲目から「SCANDAL BABY」をやったりして温度高め。途中、ファンクラブからの質問コーナーがあったりするのもほのぼのする。「推しについてどう思うか」という質問にリナが「アイドルってバラエティもできて歌も踊りもできてすごいと思っている。楽器ができるからすごいとかすごくないとか、ほんとうに小さい」と熱く語っていていいなと思ってしまった。ガールズバンドだとアイドルみたいな追っかけられ方をすることもあるんだろうな。

終演後はレンガ通りへ。2回玉砕している青二才に入れた!ここはいつもいい雰囲気。

Tokyo Tour with Best Mate

希琳ちゃんが婚約者のレオを連れて来日。初日は成田のあさひやさんのご自宅にイシイともどもおじゃまして、素敵なガレージでBBQをした。あいにくの天気で外でできなかったけれど、美味しいお肉や魚介を用意していただき、イシイとレオが調味係。ふたりとも料理人だけあって動きがそっくりだと希琳ちゃんと笑った。この日はレオさんの誕生日ということで、上野松坂屋で調達したANTENORの抹茶ケーキで御祝い。楽しい一日。

翌日は彼女らを谷中のフランクさんのゲストハウスに案内。途中、はつねの道の千根やさんでうな重を食べた。荷物を置いて、御茶ノ水へ。音楽好きなレオをDisk UnionのHR/HM館に案内すると探していたCult of LunaのCDを見つけたらしく、喜々として購入していた。その後、ギターショップを何軒か周るものの、8弦ギター、6弦ベースなどはあまり強くないらしく渋谷のイケベ楽器を薦められるなど。しかしGuitar Planetのお兄さんは英語が達者で(ものすごいイギリス英語だったとのこと)びっくりしてしまった。さぼうるでお茶。ここ、十年前くらいにも希琳ちゃんと来たんだよなと思い出す。変化の激しい東京だけれど、変わらないものもあり。その後、希琳ちゃんが同僚からたのまれていたベジータのフィギュアを買うべく秋葉原に移動。ラジオ会館を上からぐるぐる。レオが「It smells virginity!」と言っていたので笑ってしまった。希琳ちゃんとジャックの共通の友人の聖子さんと合流し、HITACHINO Brewing Labで乾杯。女三人かしましく喋りたおしてレオも静かになっていた。

3日目は実家にご招待して母の手料理。レオは家庭料理に興味津々。興が乗った父がレオに於茂登のドンブリをプレゼントしていた。私からは箸置き。ちょうど母が能登で箸を土産に買ってきたというので、ちょうどいいコンボになった。朝倉彫塑館を案内する。朝倉文夫の美的センスが散りばめられたアトリエ兼邸宅で私も大好きな場所だ。ふたりともとても気に入ってくれたようでよかった。TAYORIさんでお茶。連日寒く、ふたりとも少しお疲れモード。ビアパブイシイで軽く一杯ひっかけ、末永くお幸せに!という気分で送り出す。

Sake in Yanaka

Jackが谷中に遊びに来てくれたので、父と三人で飲みに行く。根津の慶さんへ。次々と美味しい日本酒をいただいてみんな上機嫌だ。nakasaは閉まっていたので、RENさん、ビアパブイシイとハシゴ。ちょうど、nenecoloさんで食事をしていた伯父が寄ってくれてばったり鉢合わせてしまった。親族の法事みたいなところに居合わせてしまったのににこにこ相手してくれるJackいいひと。

Strandbeest in Iwaki, Aqua Marine Fukushima

なんとカーシェアが直前でキャンセルされるというトラブルが。駐車場には無傷で置いてあったので電気系統の故障だろうか。イシイ必死の交渉で、なんとかタイムズレンタカーから同金額で借りられる手はずにしてもらったのだが、最初は「郡山のポートが最寄りです」と言われたらしい。70kmも離れているのだ。とんでもないぞ。

さて、無事に車を借りることもでき、テオ・ヤンセンのストランドビーストを観にいわきのアクアマリンふくしまへ。作品は一部動いているところも見られるのが嬉しい。1体は自分で押して動かすこともできた。あくまで生物として水族館に展示されているのが面白い。彼らは寿命を終えると「グレイヴヤード」というところで眠りにつくらしい。作品名も学名みたいだしね。もっと緻密に作られているのかと思ったが近くでみると本当にホームセンターで売られているようなパイプと結束バンドとビニールやペットボトルなどの無骨な素材で作られている。

アクアマリンふくしまは水族館としては全くノーマークだったが、展示方法がとてもユニークだ。自然環境に近いかんじがする。生体は比較的地味だけれど、ラブカの幼体なんかも展示されていて学術研究的にもとても真面目に運用しているのがわかる。あと、大水槽の真ん前に寿司のカウンターがあるのがあまりにロックで笑ってしまった。

スーパーひたちで上野まで帰ってきたあとはPARCOの八十郎へ。やすいし美味しいし、人気あるのわかるな〜

Misaki

友人が車を新調したというので乗せてもらった。GWなのでどこも混んでるかと思いきや、わりとすいすい走って三崎海岸まで。個々に来るのは何年ぶりだったろうか。港のまわりはあいかわらず鄙びている。まずは神社でお参りして、その後、ちょっと裏道にあるお寿司屋さんでランチ。

海底の魚が見えるクルーズ船に乗った。魚なんてそんなに見られないだろうと思っていたが、餌付けしているようでかなりいろいろな種類の魚を見ることができた。その後、城ヶ崎まで行って、海岸まで降りたりして久々に海を見た気がする。

帰りも渋滞に巻き込まれずスムーズに帰宅。

BBQ in Shinjuku

新宿のFlagsの屋上でBBQ。圧倒的に平均年齢が若いなか、妙齢のグループが粛々と焼いて食べて浮きまくっていたが、みんなそれぞれ食材を持ち寄ってきれいになくなった。

コーヒー飲みたいね、ということで南口にある純喫茶にて一服・23:30まで開いてるのはいいな。

Sardexka

誕生日ディナーということで鶯谷のサルデスカさんへ。

バスクで修行されたシェフの料理は本当に楽しくて美味しい。思いもしない組み合わせで食材が何倍も美味しくなる化学反応を楽しむかんじだ。

誕生日を素直に喜べる歳でもないのだが、みんな元気に美味しいものをもりもり食べられるのは嬉しいことだ。

帰りはぶらぶら上野公園、上野桜木、谷中を散歩して帰宅。新緑とジャスミンがよい香りで、古いものもたくさん残っていて、やはりこの界隈に長く住みたいなあと思った夜だった。

Izu 2

翌日、BBQのゴミがカラスに荒らされるなどしていきなりHPが削られたが、みんなで残り物でごはんを作ったりして楽しい朝。わたしはチーズを入れたスクランブルエッグを作った。

山頂のカフェでベトナムコーヒーをいただきつつ足湯。ほんとうにどうやって経営しているのか謎すぎるけど快適このうえない。

11時くらいにチェックアウトして、車で伊豆シャボテン公園へ。前に行ったのはもう20年くらい前になるかもしれない。前よりも庭園や動物の見せ方が洗練されたように思うがいまだに動物のショーをやっているのはちょっとなあと思ったりもした。船でワオキツネザルが飼育されている島へ行き、そこで餌付けできるというアトラクションに参加したのだが、この猿たちがなんともかわいくて。ふわっと肩に乗ってきて、決して乱暴せず、餌をもらうとまたふわっと去っていく。まるで妖精のようだった。
シャボテン公園を満喫したあとは一路三島へ。

ビアバール丸々さんの本店に付き合ってもらい、みんなでビールとスペイン料理を堪能。たのしい二日間でした。

 

Izu 1

オトホギメンバーで伊豆合宿。最高の天気。

新幹線の三島駅で集合し、まずは駅のお寿司屋さんでランチ。その後、レンタカーで移動。イオンと100均でBBQの買い出しに行き宿へ。山奥にどんどん入っていくと小さな入口が見える。スターヒルズという山全体に素敵なログハウスやアースバックハウスが点在する不思議な宿泊施設だ。敷地内の竹林で筍を掘らせてもらったり、山頂のトランポリンやそりで遊んだりと学生のようにはしゃぐ面々。

夜はコテージの前でBBQをし、掘った筍を焼くなどして大満足。その後は深夜までまさよのレクチャーのもとTRPGの「毒入りスープ」に興じる。ウェルベックのラブクラフト論しか読んだことがない偏った初心者だったのだが「これがSAN値というものか!」と思った。

 

Yanesen Tour

フランクさんが店の近所(ほんとうに徒歩30秒くらい)におうちを買ったので(!)ちょいちょいスコットランドから遊びに来てくれる。この日は谷中〜根津界隈をご案内。彼は本当にこの界隈を好きでいてくれて、その敬意にこちらも真摯に案内せねば!と思ってしまうのだ。

夕方からはクリスとゆいさんも合流してNOBIさんでディナー。4000円のコースなのに死ぬほど出てきてお腹がいっぱいに。その後、BPIで軽く飲んで解散。

ZERO TOPIA at Akasaka ACT Theatre

地球ゴージャスプロデュース「ZERO TOPIA」。急遽、チケットをいただいてしまって観に行く。なんだか中学生が考えたようなストーリーなのだが歌と踊りでぐいぐい見せるのはさすが。花澤香菜もかわいかったし、西川貴教のマッチョぶりに大笑いしてしまった。

観劇後はデリリウムでビールをいただき、夜は友人たちと湯島でラクレットまつり。こちらも美味しかったなー。

Bar Hopping in Ueno

イシイと上野飲み歩き。

味坊コンツェルンの新店舗「老酒舗」で超現地モードの串などをいただいたのち、目と鼻の先にオープンしたGolden Gateさんへ。感じのよいお兄さんふたりがやっているハンバーガーとクラフトビールのお店で共通の知り合いも多い。その後、やっぱり顔出したいねということでWorld Endへ。Kさん不在だったので軽く一杯飲んで、歩いて帰宅。

Sakura in Misato and Mizumoto

3月、古巣からいただいた仕事で久々にサラリーマンのような生活をしていたのだが、今年は暖かくなるのが早くてあっという間に桜が咲いて散ってしまった。

ここ数年は家族でちゃんと花見をしようと思っていたのだが3月中に動けず。イシイに車を出してもらって今年はもう終わりかけの三郷公園へ。ピクニックシートを敷いて、母謹製の重箱のお弁当をいただいた。
その後、水元公園のほうもぐるっと一周して、メタセコイアと桜のコントラストを楽しむ。

帰りは母のリクエストでIKEAへ。

坂本真綾 LIVE TOUR 2018 “ALL CLEAR” @渋谷NHKホール

この日は真綾さまのお誕生日、みずから祝ってもらおうという攻めの姿勢が素敵だった。
セットリストは大阪とほぼ変わらず。逆光、ヘミソフィアからメドレーに流れるあたりが本当に盛り上がる。

今回、指輪で歌詞がぽこっと抜けてしまってあとで悔しがる真綾さま。彼女はいつだって完璧で、少なくとも今まで大きなミスを見た覚えがない。いつも「こんなことが可能なんだろうか」というステージを貫く彼女の人間らしい一面が観られて、わたしはなんだかいいものを見た気になってしまった(本人は不本意でしょうけど。

ライブの後、ひさびさにミッケラーとアンカラに行った。

Sakura in Shinjuku Hanazono Shrine

THE年度末に台北メンバーで新宿は花園神社で花見。まさに花金。

ソメイヨシノは終わりかけだったけれど、八重の枝垂れが美しかった。伊勢丹でお酒を買って、神社で乾杯。水族館劇場の稽古の声が聞こえる。いつものメンバーでいつもの花見ができるというのはとても幸せなこと。

Sakura in Kinshi Park

 

桜があっという間に満開になってしまったのに花見の予定は4月に詰め込んでしまい、ぽっかり空いた週末。例年なら桜はまだ1分咲きというところだ。Twitterで同じく暇そうにしていた友人を誘って錦糸公園へ。桜を見にくるのは初めてだがソメイヨシノも枝垂れも立派なもので、大満足。

その後、Miyata BeerさんとVector Beerを梯子しておしゃべり。